The Rosetta Stone Blog

伝統的なビジネスランチ・・・

▼白身魚の辛味炒め
D75_1251


 既に数十年通い続ける、熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源。写真のように、見るからにマウスウォーターが出てきそうな、ピリ辛の本格的な四川料理。特にウィークデイの「ビジネスランチ」は圧巻である。

 今回ご紹介するのは、「四川麻婆豆腐」と「白身魚の辛味炒め」。そもそも同店のビジネスランチは、昔からほとんど変わらず。数種のメインディッシュから1つを選び、それに、ご飯、スープ、サラダが付いているもの。

 新聞社の頃を思い出すと、数人で足を運び、別々のメインディッシュを頼み、それをシェアリングして数種に舌鼓をしながら、御構い無しにご飯のお替りをしていた。当時は、同ホテルの傍には熊本日日新聞社、九州電力などがあり、多くのビジネスマンが足繁く通っていた時期があった。残念ながら、現在は、その頃のスーツ姿のビジネスマンは少なくなっている。

 しかし、同店のファン層は厚く、開店当時から通い詰める高齢者も健在であるところが素晴らしい。ただ、いつも思うことだが、何故に同ホテルには「レディスランチ」がないのだろうかと、首を傾げてしまうのだが、これだけの本格四川料理を提供するのだから、もっと多くの女性たちにも知ってもらいたいものである。

 軽い風邪など一発で吹き飛ぶ四川料理・・・是非、お試しあれ!


▼四川麻婆豆腐
D75_1256


D75_1246


D75_1255



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/16 10:53 am

睡蓮と蓮の違いは!?・・・

1


 睡蓮と蓮とは、どう違う!?・・・同じ「蓮」という文字があるけれども、両者の決定的な違いは、葉や花の位置である。睡蓮が水面に浮いているのに対して、蓮は水面から50cmから150cm位の高さのところにある。また、睡蓮の葉は水をはじかず、蓮の葉は水玉がコロコロ転ぶほどはじく。

 何はともあれ、熊本県山鹿市鹿央町にある鹿央古代の森のハス園では、一見の価値ある蓮の花々が咲き乱れる。今年の「2018 鹿央里やま蓮まつり」は、6月23日(土)から8月5日(日)の開催予定。

 近くには熊本県立装飾古墳館、岩原二子塚古墳や、食事も楽しめる鹿央物産館など、整備された施設があるので、是非、足をお運びいただければと・・・。ちなみに、自家用車であれば、九州自動車道の菊水I.C.から15分、植木I.C.から20分ほどで到着する。


▼睡蓮の花
2


▼トンボがとまっている葉は蓮の葉、水面に浮かぶ背後の葉は睡蓮の葉。
3


▼蓮の花
4


▼蓮の花
5


▼蓮の花と葉
6


▼雨水が溜まり、コロコロとしている蓮の葉
7



◎鹿央町物産館(月曜日が定休日)
 〒861-0561 熊本県山鹿市鹿央町岩原 2965
 電話・ファックス 0968-36-3838

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/15 12:30 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp