The Rosetta Stone Blog

ヒメジョオンとハルジオン

▼ヒメジョオン
850_1803


 ヒメジョオンとハルジオン。とてもよく似た野草である。写真上から3枚は、5月24日に撮ったヒメジョオン。最後の1枚は4月10日に撮ったハルジオン となる。

 双方の違いは、多分に咲く時期がハルジオンが少々早く、花びらの色が淡いピンクが入っているように見える。それに対して、ヒメジョオンは若干青みのある花びらでキチッとした形に見える。

 植物学者ではないので、詳細については語れないけれども、どちらも気づいたら庭にニョキニョキさく逞しい野草に違いなく、時には被写体としてしっかりとモデル役を果たしてくれる。


▼ヒメジョオン
850_1805


▼ヒメジョオン
850_2273


▽ハルジオン
harujion



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/4 12:44 am

野兎と遭遇・・・

D75_0869


 熊本県立装飾古墳館(熊本県山鹿市鹿央町)近くの紫陽花を撮影しつつ、階段を登り、徐々に高台に到達すると、何故か、茶色の猫のような動物が動いて見えた。超望遠レンズを持参していないので、じわじわと105mmレンズを向けつつ、シャッターを切って行った。

 何と野兎である。まん丸と弾けるような可愛い目をした野兎だ。ある程度走っては、そこで暫し立ち止まる野兎。また、レンズを向けたまま、じわじわと近づいて行った。警戒心は耳の傾きを見れば分かるが、ちゃんとこちらに耳をしっかりと向けている。態勢としては、逃げ道方向へ体を向けて、右目でこちらを見ているようだ。

 その時、急に左方向へと走り始めた。カメラ自体が連写機能が良くないので、連写している内に、SDカードへの記録に時間が掛かり、シャッターが切れない状態となった。撮影した野兎の走る瞬間の数枚の写真を見ると、どうも、左目を失明しているらしい。更に、左の腹部にも小さな古傷跡が見えた。

 野生動物の世界は、想定外に厳しいのだろうと、先を急ぐピーターラビットような可愛い野兎を追うことを止めたのだった。いや、止めたと言うようりも、階段近くを登ろうとした時に、その野兎は野良猫と遭遇し、互いに驚き電気が走り、藪の中へと入り込んでしまった。その瞬間こそが、今日一番のシャッターチャンスだと悔やみつつ、カメラとレンズにゲンコツを!


D75_0894


D75_0895


D75_0896


D75_0899


D75_0915


850_2031_00088



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/3 01:44 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp