The Rosetta Stone Blog

身も心も健康になる料理を!

▼本日の「松花堂」
850_8350


 命を支える大切な食事。できることなら、毎日、身も心も健康になる料理を食したいものである。本日は、熊本県上益城郡益城町安永にある人気食事処「四季の味 やまもとや」へ足を運んだ。目的は、三代目やスタッフの元気な顔を見るために、そして、身も心も健康になる「松花堂」を食すことであった。

 同店は2018年11月9日に、熊本地震後、2年7ヶ月ぶりにリボーン復興した老舗食事処である。今日も多分に満席だろうと思い、午後2時のランチタイムオーダーギリギリに到着し、目もくれずに予約していた「松花堂」を頬張った。

 食事を終えて、山本ファミリーと歓談し、帰途についたのだが・・・食事の後のスッキリ感がたまらない。塩分控えめ、油控えめの純和食。正直、毎日食しても飽きない料理なのが素晴らしい。

 先般、有名人(全国区)の某氏と同店のディナーを食したのが、ちょうど1週間前となる。この1週間がとても長く感じたれてならなかった。しかし、「松花堂」に夢中になり、手土産の「太巻き」を忘れたところが、筆者らしいと・・・苦笑してしまった。

 最後に、「四季の味 やまもとや」は、上述の通り、益城町安永にあるが、Apple Mapsにてランダムに県内外の市役所を選び、車で何分で着くのかのシミュレートしてみた。結果は以下の通り。思いの外、近い。とても近く、九州が小さく見えてきたのだった。ナビとは異なり、パソコン画面いっぱいに九州地図を広げて調べてみると、すこぶる面白い結果に驚いた。

 ちなみに、鹿児島市や宮崎市からでも、2時間少々で同店に着くことになる。また、駐車場は広々としているので、バス移動の団体旅行の昼食、修学旅行の休憩と昼食には、とても利用しやすい条件が揃っていることに気づいたのだった。


◎「四季の味やまもとや」まで車で何分? ★は他県

1)熊本市中央区役所  22分 市電健軍電停を道なりに
2)宇城市役所     27分 九州自動車道(松橋インターから益城熊本空港インター)
3)宇土市役所     31分 九州自動車道(城南スマートインターから益城熊本空港インター)
4)菊池市役所     33分 325号線
5)山鹿市役所     38分 九州自動車道(植木インターから益城熊本空港インター)
6)玉名市役所     41分 九州自動車道(植木インターから益城熊本空港インター)
7)八代市役所     41分 九州自動車道(八代インターから益城熊本空港インター)
8)阿蘇市役所     54分 57号線
9)八女市役所     55分 九州自動車道(八女インターから益城熊本空港インター)
10)久留米市役所★  64分 九州自動車道(広川インターから益城熊本空港インター)
11)人吉市役所    64分 九州自動車道(人吉インターから益城熊本空港インター)
12)えびの市役所★  77分 九州自動車道(えびのインターから益城熊本空港インター)
13)博多駅★     85分 九州自動車道(太宰府インターから益城熊本空港インター)

 


850_83652


850_8394


850_8417


850_8426


850_8450


▼Apple Mapsより(円内は同店まで車で日帰り楽々の範囲)
MAP



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/12 12:04 am

野鳥天国の八景水谷公園・・

▼コサギ
500_3430


 水の科学館は、月曜日が定休日。よって、手前の小さな駐車場に車を置き、八景水谷公園の湧水池へ徒歩で行くことにした。

 公園入り口前で、コサギが横を過って行く。まだ若いのか、警戒心が強く、レンズを向けると直ぐに数メートル移動する。キラリと光る眼球。野生特有の鋭い目線がレンズに刺さる。

 暫くすると、カルガモやヒドリガモが元気に迎えてくれた。人懐こいセキレイも目の前に。バシャバシャと暴れまくるカルガモ。夫婦喧嘩をしているヒドリガモ。しかし、じわじわと近づくと、しれっと遠くへ逃げ泳ぐ鴨たち。

 湧水池中央部に、片足で立ったまま爆睡しているアオサギ。また、小さい方の池へ行くと、黄金色の鯉がレンズに向かって近づき、潜水艦のように浮上して来る。多分、餌を求めているのだろうが、超望遠で覗くと、なかなか迫力のある面をしている。

 この寒さと、水の科学館がお休みなので、本日はカワセミ狙いのカメラマンたちは、いつもよりも少なかった。カワセミの姿がないので寂しかったが、帰る途中にチラリと石垣のところで姿を見せてくれたのだった。


▼コサギ
500_3446


▼セキレイ
500_3478


▼カルガモ
500_3497


500_3524


500_3589


▼ヒドリガモ
500_3572


▼アオサギ
500_3586


▼黄金鯉
500_3623


▼カワセミ
500_3646



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/11 12:00 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp