ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 飴鷺

可愛すぎる、五位鷺。

500_1554


 鷺には、いろんな種類がある。筆者が知る限りでも、大鷺、中鷺、小鷺、青鷺、飴鷺、へら鷺、そして、本日撮影した五位鷺がいる。

 五位鷺は、元々夜行性らしいが、空腹になったり、繁殖期になると、昼でも餌を求めて活動するという。以前、八景水谷公園で見掛けた五位鷺は、木陰に隠れてじっとしていたので、あれは寝ていたのだろうと・・・。

 本日の五位鷺は、青鷺や白鷺と縄張り争いをしながら、やっと遡上する魚が飛び上がる箇所に陣取ることができた。青鷺や白鷺は首が蛇のように伸びるので、いとも容易く魚をゲットできるのだが、水面から飛び上がる魚に対して、五位鷺の位置からはクチバシも届く距離ではないので、当然のごとく、獲物はゼロであった。

 場所をちょくちょく変えてはいるものの、水面からの高さを変えないので、小魚が獲れるはずもない。急流の水面を凝視している時、足元がぐらついたり、水を被ったり、青鷺や白鷺が邪魔をしに来たりと・・・五位鷺は、無邪気にも見えるが、とても不器用で、可哀想になってしまった。以前、魚獲り下手な青鷺と言ったことがあるが、五位鷺の方が数段下手くそだった。

 この可愛すぎる五位鷺は、まるでペンギンのようだが、次回出会うことがあれば、もっとぐっと近づいて、ムービーも含めて、そのアクティビティを記録に残したいものである。


500_1575


500_1582


500_1586


500_1599


500_1642


▼白鷺のような魚獲りをイメージしている五位鷺!?
500_1965



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/6/22 12:29 am

八景水谷公園のアオサギくん

500_8151


 数ある鷺の仲間(小鷺、中鷺、大鷺、青鷺、五位鷺、飴鷺・・・)の中で、不恰好で不器用な存在は、何と言っても青鷺だろうと思われる。背後から見ると、平家の落人のような頭をしている。

 白鷺は魚獲りの舞を披露しては水中へ飛び込み、獲物をゲットする。青鷺は大抵の場合、池の淵に陣取り、何度も首を蛇のように伸ばしたり、縮めたり、それから飛び込み、獲物を取り逃す。時には、蹴つまずいて、転びそうになる青鷺もいる。

 特に八景水谷公園の青鷺は人馴れしているのだろうが、5メートル以上を保ちながらついて行くと、そう簡単には逃げない。よって、魚獲りの様子を伺いながら、歩いてついて行くと、実に楽しい撮影となる。

 今回の青鷺は、まだ若い。しかし、今まで見てきた青鷺とは違い、魚獲りが思いの外上手いのである。集中して水中の獲物を眺めていると思うと、突然、顔面から水中に突っ込み、結構大きめの魚をゲットしたのだった。

 超望遠レンズで撮影したが、青鷺よりも、捕らえられて固まっている魚の眼が気になった。青鷺はくちばしで数回魚を咥え直して、魚の頭からゴクリと呑んでしまう。食物連鎖を眼前して、「自然はよくできたものだ!」と呟いたのだった。


500_8222


500_8224


500_8186



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp