The Rosetta Stone Blog

タグ » 道徳

救いようのない人間・・・

▼写真はイメージ
850_1267


 ここ1年を振り返ると、思いの外、姑息な人をあちこちで見掛けた。常に自己中心的で、自分大好き、自分サイドさえ潤えば良いとする人である。それも、日頃の素行や言動が軽く、責任転嫁の雨霰。緻密な思考回路が無いようで、文章(特に長文)をまともに解読できず、一攫千金を狙うだけの、さもしい人間であった。よって、我々が望む共存共栄の輪の中には、絶対に入れない人種なのだろうと。

 正直なところ、会話をするだけでも、意味のない言葉が単なる雑音として耳に入るだけで、どっと疲れてしまう。それは、夢のような儲け話だったり、小銭稼ぎの自慢話だったり、自宅や車の自慢話だったりと、聞いても何の価値もない、浅知恵だけが練り込まれた稚拙な会話内容である。

 それを自分なりに一端の大人と思い込んでいるのが厄介。学歴には一切関係のない話だが、幼少の頃の育ちの悪さや、しっかりとした躾を受けていないのも大きな要因であり、歪みきった性格や悪玉友人たちにも感化されているに違いない。尤も、うっかり八兵衛のような慌て者が、時折、ツキノワグマのように落ち着き無くウロウロしている中で、他人の助言に対して急にキレたりする。大人の格好をした小学生である。これを、「こどな」と呼ぶが、自分の「心」をコントロールできない、悲しい人なのだ。

 筆者も若かりし頃、短気で損したことが多々あった。そこで、近しい人たちが指摘してくれたり、先輩の厳しい助言を受けたり、両親との話し合いの中で、じわじわと自分自身の立ち位置や身の丈が見えてくるようになり、最近では、瞬間湯沸かし器のように激怒爆発することは無くなった。

 ただ、今でも人として筋の通らぬことは許さず、とことん軌道修正へと持ち込むような「世直し侍」的なところを内に秘めてはいるが、どんなに心配して言っても聞く耳を持たぬ人は、如何に情熱を持って接したとしても、歪んで解釈されるばかりで、もうお腹いっぱいとなってしまう。こんな親父に育てられなくて良かったと、姑息な人たちを見ては、「本人も可哀想だが、子供はもっと可哀想!」と独り言を呟くばかりとなる。

 最近は、嘘の上に嘘を塗りまくる超虚言癖の新種も現れた。とことん自分大好きなようで、言葉の端々には「愉快犯」的な性格が見え隠れしており、ただニヤニヤ笑いながら、嘘をつく始末。その嘘により人様が右往左往するところに快感を持つのだろうが、筆者にとっては、なかなか珍しい新種だったので、一部始終、様子を伺ってみた。・・・結局、全てが間抜けな道化師に見えてしまい、その矯正については、いかなる手法を講じようが、困難であると判断した次第。先般、「民度」について記事を書いたけれども、その「民度」についての概念さえないのだから、致し方ない。


D75_9172


D75_9248



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/5/18 11:39 pm

貪欲者は損をする!

500_6177


 貪欲者は、損をする!・・・先般取材したアオサギの魚獲りを例に挙げて、お話したいと思う。

 或る日のこと、アオサギ(写真上)は、自分の下顎が千切れるほどの獲物を捕まえたが、何度も呑み込もうとしても喉を通らない。それでも諦めず、更に、咥え直して呑み込もうとする。

 しかし、獲物はアオサギの口の中に顔を突っ込んだまま、アオサギの喉から胃袋へ入って行かなかった。それでも諦めきれないアオサギは、突然、獲物を咥えたまま木のてっぺんの太い枝へ飛んで行った。それでも、苦しみもがきながら呑み込もうとしている。

 結局、アオサギはその獲物を川に落としてしまい、滑稽なお芝居は幕を閉じたのだった。

 獲物を落としたアオサギ。再び川に舞い降りて、キョロキョロと物色を繰り返す。元々、魚獲りが下手なアオサギなので、その後、美味しい獲物を得たのかは定かではないが、「こんな人間も、よく見かけるな!」と独り言を呟いてしまった。

 自己中でデリカシーがなく、他人のことなど眼中にない、さもしい人間の姿とオーバーラップしてしまう。つまり、「貪欲者は損をする!」の典型である。・・・今まで、そのような人間を見てきたので、アオサギの動きは実に滑稽であった。

 身の丈を知り、自分の口のサイズに合った獲物をゆったりと美味しく食せば、何の問題もない。しかしながら、セカセカと辺り構わず土足で踏み込み、貪欲さを曝け出せば、誰からも相手にされず、動いただけ大損をすることになる。

 記事を書いている中で、「残り物に福がある」という教えを思い出した。これこそが、懸命な人としての生き方であろうと再認識した次第。

 
500_6421


500_6448



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/4 01:33 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp