ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「赤〜いりんご」って!?

RED-APPLE


 「赤〜いりんご」って!?

 昔から、りんごって赤いんじゃないかと思っていたら、皮のみならず、果肉が赤いって、聞いたことも、見たこともなかった。実際、「赤〜いりんご」の写真を送ってもらうと、遠目にサクランボのように思えたが、じっくり拝見すると、確かに果肉が赤かった。

 それに目を付けて、世界初となる赤〜いシードル「赤の仲間入り」を開発したのが、トキあっぷる社代表の土岐彰寿(ときあきなが)氏である。シードルの処女作は、明智光秀と土岐氏との歴史的な繋がりにて、黄色い「ときシードル」。更には、4月28日に、赤〜いシードル「赤の仲間入り」を発売するに至った。

 以下のりんごの写真は、「株式会社アグリコミュニケーションズ津軽」から提供して頂いたものだが、見れば見るほど、不思議なりんごの断面である。丸かじりしても構わないが、先般贈られてきた「赤の仲間入り」の原料となっているとは、想定外であった。

 幼い頃に、風邪で微熱があったり、胃腸の調子が悪いと、必ずと言って良いほど、母や祖母が、りんごをすりおろしてくれた。酸っぱいりんごだと、蜂蜜や砂糖を振りかけて、丼一杯食べていた記憶がある。しかし、直ぐ食べないと、すりおろされたりんごは茶色に変色していた。

 「赤の仲間入り」を開発した土岐氏に、赤〜いシードルが何故製造できたかを尋ねたが、そこは企業秘密にて、可能な限り退色せぬような製造方法があると言う。世界初となる赤〜いシードルのラベルには、赤に関連するイラストが描かれている。それも、鬼滅の刃の市松模様のように。

 商品開発には、黄色い「ときシードル」のように、明智光秀と土岐氏との歴史的ストーリーが存在している。また、赤〜い果肉のりんごを開発したマジシャンの様なファーマーが存在する。情熱を注ぎ込み、それも気が遠くなるほどの歳月を経て生まれた、赤〜いりんご。

 そのマジシャンの手から、赤〜いりんごたちが、地域揺り起こしの軍師たる土岐彰寿氏へ渡り、今回の新商品開発プロジェクトにより逸品が完成したのだった。話を聞いているだけでワクワクする話である。万病に効く、医者要らずとも言われる「りんご」のパワーは、「凄い!」の一言に尽きる。


▼赤の仲間入り&ときシードル
TOKI-RED


▼果肉が赤〜い三種のりんご
※写真提供:株式会社アグリコミュニケーションズ津軽
RED-APPLE-1


RED-APPLE-2


RED-APPLE-3


▼黄色いシードル「ときシードル」
TOKICIDRE


▼2021年5月3日付のロゼッタストーンNews
https://www.dandl.co.jp/club/toki-akinaga-1.pdfLink
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1619967600Link
toki-akinaga-1


▼2021年5月22日付(本日)のロゼッタストーンNews PDFファイルダウンロード
https://www.dandl.co.jp/club/red-apple.pdfLink
red-apple




▼トキあっぷる社公式ネットショップ
 https://shop.toki-apple.comLink
▼トキあっぷる社公式Facebook
 https://www.facebook.com/toki.apple.jp/Link
▼トキあっぷる社公式Instagram
 https://www.instagram.com/toki_apple.jp/Link

▼株式会社アグリコミュニケーションズ津軽公式サイト
 https://www.actsugaru.co.jp/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                                               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp