ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「四季の味 やまもとや」の特大鯖 松前寿司

DFD_0414


 昨日、「四季の味 やまもとや」の謹製 鯖の松前寿司試食のために、同店へ足を運び入れた。ランチタイムは満席となっていたらしく、やや遅めの時間設定だったので、落ち着いて取材はできた。ただ、午後3時から45名ほどの団体が入ってくるというので、少々慌ててしまった。

 目の前にサーブされたものは、写真上の「四季の味 やまもとや」の謹製 鯖の松前寿司である。先ず、肉厚の鯖に気づくのだが、正直なところ、この質、この量の松前寿司は、過去において初となる。醤油もレモンも何も要らない、筆舌に尽くし難き逸品である。

 この逸品を筆者一人で楽しむのは勿体ないと思い、テイクアウトを数本頼んでおいた。筆者の拙い感想よりも、テイクアウトで手渡した人たちの素直なリアクションの方がより信憑性が高いと思い、お二人のメッセージをご紹介したいと思う。

 Aさん曰く、「レモンもいいですが、これは『そのまま』が一番ですね。これ、『まぁるくて、喉越しが柔らかく、甘い』ですね。大変贅沢、ほかのものと一緒に食すのはもったいないです。本当にありがとうございます。私はモノの味はロクにわかりませんが、この素直なスルッとした触感(食感ではなく、触感です)は、そうそうないですよね!」と。

 Bさん曰く、「特別な松前寿司をいただきありがとうございます。今まで味わった事の無い最高の食材、ありがとうございます。厚みといい、プリプリしてて、私はレモン汁だけを掛けて食べました。このような立派な鯖は初めてです。先ほど、4つ頂きましたが、また、後ほど残りの4つを頂きます。本当に美味しかったです。」と。

 ちなみに、同作品(敢えて作品と言いたい)は、「四季の味 やまもとや」にて、12月31日に限定30本を販売するとのこと。筆者の郷里ではこのような料理は正月に食すことはないが、正月のお節と合わせて、脂がのった特大鯖の松前寿司がテーブルに並ぶと、さぞ、新年の喜びも倍増するのではなかろうか。


▼チラシ提供:「四季の味 やまもとや」
matsumae


DFD_0394



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link
 〒861-2231 熊本県上益城郡益城町安永575-2 TEL: 096-286-2017

◎四季の味 やまもとや過去記事
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

------

◎ランチメニューダウンロード(8.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/lunch.jpgLink
◎ディナーメニューダウンロード(9.1MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/dinner.jpgLink
◎懐石料理・宴会プラン、土・日・祭日スペシャルランチメニューダウンロード(8.5MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/special.jpgLink
◎懐石料理・弁当申込書JPGダウンロード(3.4MB)
 https://www.dandl.co.jp/yamamotoya/menu/order.jpgLink

文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/18 11:38 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp