ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

八千代座近くの路地裏散策

yamaga1


 芝居小屋「八千代座」は、山鹿市の宝物の一つ。山鹿市民交流センターの個展会場にじっとしていても運動不足になるので、合間を見計らって、「八千代座」近くの路地裏を散策することにした。

 路地裏散策は、いつもドキドキとテンションが上がる。それも一度も歩いたことのない路地には、必ずと言って良いほど、面白い発見があるというものだ。

 今回も、古き昭和の家々を縫うような路地を見つけた。現在使われているのかどうか分からぬ傘付きの裸電球や、苔むした屋根瓦、錆びついたトタン板など、奥に進めば進むほど、古びた民家が次から次へと登場してくるのだった。

 12歳まで住んでいた山鹿市でがあるが、幼少期にはあらゆる路地を走り回っており、知らない路地などないと豪語したかったが、今日の路地裏には一回も足を踏み入れたことがなかった。・・・とても新鮮な気持ちになった。

 梅の花を愛で、それから「八千代座」に足を踏み入れると、顔を覚えているのだろうか、マスクをしたスタッフの女性が「いつもお世話になります!」と大きな声で挨拶し、事務所の中へ消えて行った。

 今日は公演の予定はなさそうで、静かなものだ。少々冷たい風が吹き始めたので、個展会場へ戻ることにしたが、折角ならばと、「八千代座」に咲く花々を撮影し、本日の散策を終了した。

 
yamaga2


yamaga3


yamaga4


▼取材風景
yamaga5



◎西田親生写真展「如水」過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1487775987Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/24 12:45 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp