ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

セカンドシェフに、お任せ!

castle1


 厨房の中に、一人だけセカンドシェフ(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)が立っていた。そろそろ腹の虫も鳴る頃だったので、ギャルソンへ「セカンドシェフに、お任せ!」と言って、夕飯を待つことにした。

 サーブされた料理は、一つ一つ心を込められているのが伝わってくる。前菜は、多分、磨りガラスの向こうで料理長が盛り付けに集中していたようで・・・「海老、烏賊 蓮根の包み揚げ」が中央に置かれた、お洒落な前菜がサーブされた。・・・和洋折衷の面白い組み合わせだった。

 そして、スープに「コンソメマドリッド」。絶妙な卵とじ。これまた、和洋中折衷のようで、ほっとするような味わいを堪能。・・・それからメインディッシュの「舌平目のムニエル 茸とベーコン、揚げ葱のトッピング」、〆に「苺のミルフィーユと珈琲」・・・。これが、今回の「シェフおすすめのディナー」だった。

 同レストランの硝子越しに見える厨房。カウンター席に座ると、毎回、小さな舞台を見ているように、ワクワクしてしまう。大勢の客が流れ込んだ瞬間のシェフやギャルソンの慌ただしい動き。食事時間が終了し、蜘蛛の子を散らし、水を打ったように静まりかえるレストランホール。何を食したいのか決めかねている時に、隣のテーブルでサーブされる旨そうな料理を垣間見てしまった時の心の動揺。・・・全てが物語である。

 筆者は自由三昧に写真を撮らせて頂いているが、商業ベースで同ホテルと契約しているものではない。30年以上通い詰めた、同ホテルファンの一人として、見たままを伝えたくて撮影している。又、日頃から持ち運んでいるカメラやレンズ・・・撮影特訓の場所ともなっており、筆者にとっては正しくオアシスのようなものだ。・・・天候に左右されない、誠に有り難い空間なのだ。

 今日も、ご馳走様でした。

 ちなみに、今回の機材は、NIKON D800+SIGMA 50mm 1.4を使用した。通常ならば、マクロレンズで料理のドアップを撮影したくなる筆者だが、今回は距離とフォーカスですこぶる苦しんだ。(苦笑)


▼前菜
castle2


▼スープ
castle3


▼メインディッシュ
castle4


▼デザート
castle5



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/3/8 02:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp