ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 熊本ホテルキャッスル

今週限定のシェフランチに注目!

▼今週限定のシェフランチ(クリスマスバージョン)

christmas1


 そろそろクリスマス。殆どの日本人は仏教徒ではあるが、クリスマスは、子供たちにとって、日頃からの夢ゲットの特別な日であり、両親がこっそりとサンタになる日でもある。当時を想い起すと、ベッドでなかなか寝付けず、目を開いて、暗い部屋の天井を仰いでいた。

 今週は、そのクリスマス・ウィークとして、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)では、シェフランチで弾けそうに丸々としたチキンのモモ肉がお皿にのってきた。昔は、こんなに柔らかくジューシーな肉質ではなかったので、この柔らかなチキンは3皿ほどイケそうだ。

 最近の同店ランチメニューは2週間毎に替わっている。よって、今週からパスタランチも同様に様変わり。替わらぬのは、グランドメニューとカレーランチ、そして和食ランチである。常連客には定番のランチメニューだが、近頃は、専門店並に赤牛のハンバーグの注文が殺到している。

 既に、赤牛のハンバーグは5食ほど食べたことになるけれども、これは絶品!現在、同店へサジェスションしているのは、ドミグラスソースの他に、和風ニンニク醤油ベースのソース開発。ソースでハンバーグは七変化するので、「是非、ニンニク醤油のソースを!」と、此処で囁いておこう。

 全国的に新型コロナウイルス感染が拡大する中、どうしても外食は控え気味となってしまう。しかし、店と客が、双方にしっかりとルールを守り、他人に迷惑を掛けぬよう、大口開けての大声会話やクシャミやセキを止め、心地良いソーシャル・ディスタンスを維持できれば、拡大は防げる。

 先日も、某レストランでは、若い女性たちが甲高い声を上げて喋りまくっている。振り向けば、マスクを着用していない。危機感がないと言うか、周囲への配慮も無いのだから、その稚拙さに呆れるばかりとなった。更に、話す内容は「他人の揶揄」。「噂話は小声で語れ!」と物申したい。

 高齢者の男性(常連客)4人組も、ホール中央にて、若者に負けじと、マスクなしでワイワイ話している。高齢者にとっては地獄のような新型コロナウイルス感染。これは、上述の若き女性以上にタチが悪い。支払いを済ませ、玄関から外へ出て行く時に、マスクをする高齢者。すこぶる滑稽である。


▼パスタランチ
castle-pasta1


▼パスタランチ(ハーフ)のサラダ ※お得
half


▼定番のカレーライス(ビーフ)
castle-cu


▼今人気の赤牛のハンバーグ
castle-h



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/23 12:00 am

四川料理 桃花源でのランチ・・・

▼坦々麺(半分の量を撮影)

tantanmen


 四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)へ足繁く通うようになって、既に40年近くが経つ。当時のランチは800円だったと記憶するが、行列ができるほどの人気店であった。因みに、現在のビジネスランチは、1種1400円となっている。

 コロナ禍と言えども、同店玄関横の待合席には、ランチタイムやディナータイムとなれば、数組が「待ち」の状態となっている。よって、今回も、時間をずらして、午後2時近くを狙って突入することにした。

 いつもは、リーズナブルなビジネスランチ(6種)から1〜2品を選ぶが、今回は、写真のように、坦々麺、五目野菜のうま煮、そしてグランドメニューに無いチャーシュー麺を注文することにした。(写真はiPhoneにて撮影したもの)

 坦々麺の仕上がりは良かった。元総料理長 善家繁さんの料理をスタンダードに食してきたので、今の若手シェフたちにはハードルが高くならざるを得ず、申し訳ない。ただ、坦々麺だけでも、同総料理長の仕上がり具合の次元が違い過ぎる訳だ。

 知る人ぞ知る、善家繁さんの四川料理。欲目で見ても、日本全国右手に出るシェフはないと言っても過言ではないほど、その技術の高さと料理への優しさは、その方を最後に、見たことがない。とんでもない質の高さである。

 しかし、本日のランチ3種は、若手の腕がグッと上がったのか、美味だった。坦々麺のツーマージャンとスープ、そしてトッピングのバランス良く、五目野菜のうま煮はとても優しい。更に、チャーシュー麺は確と伝統を受け継いでいた。

 長年、同じ店に足繁く通っていると、世代が替わる度に、いろんな問題が起きてくる。何度も、そのバトンタッチの瞬間を見てきた訳だが、このように若手の腕が上がってくると、最近多かった苦笑いが、大満足の笑みに変わって行く。

 四川料理(中国料理)の凄さは、サーブの速さである。爆発しそうな火力で鍋が振られ、さっとテーブルに運ばれる。火傷しそうな熱々の料理を食す瞬間がたまらない。特に、この寒空ばかりの時期には、最高の料理と言える。

 不況下に強い四川料理 桃花源。その理由は、斉藤氏→善家氏→川上氏→早川氏の4代にわたり受け継がれてきた美食の数々もさることながら、開店当時から多くの根強いファンが、今も尚、美食家の常連客として足を運ぶからである。


▼五目野菜のうま煮
gomokuyasai


▼チャーシュー麺(グランドメニューにはない)
chashumen




◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/21 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp