ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

金峰山の紅葉調査・・・

800_6915


 金峰山の紅葉調査に出向いた。熊本市内中心部からは本妙寺左側のマウンテニョス・ロードを進むことになる。結構な勾配と狭くてスネイキーな道が続くので、前方確認を怠ることなく安全運転。峠の茶屋を左手に数百メートル先を左折して山頂へと・・・。

 同山の駐車場にはマイクロバスやら自家用車、バイクなど、思いの外、登山やツールングを楽しんでいる人が多かったように思える。楓の葉を見ると、僅かだが赤み掛かっているものもあるが、残念ながらほとんど紅葉とは言い難いものであった。

 久しぶりの金峰山。次回は紅葉をバッチリ撮影できるようにしなければならない。しかし、山中の大きなスズメバチの羽音が近づいたら、さっと静かに退去。今回、空振りのまま帰りたくないので、別の場所に移り落日前のススキで我慢することにした。

 
800_6919


800_6935


800_6943


800_6963


800_6906


800_6988



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/24 12:00 am

食事は米で決まる・・・

josui-3


 日々取材ランチに悩むことが多いが、和食、サンドイッチ、西洋料理、中国料理をローテーションを組む中で、結局、落ち着くのは「米」になってしまう。パン類も大好きだが、夜食には熱々のお茶漬けが一番。

 昨日の取材ランチはダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)のカレーランチ(ビーフカレー)とし、一昨日は、Foody One(鶴屋百貨店)のカツ丼、その前日は同店の具沢山太巻きだった。

 しかし、上のランチの具材が如何に豪華でも、米が不味ければ全てがダメになる。米と言えば「おにぎり」。母が丼一杯のご飯で「ジャンボおにぎり(具が3種)」を握り、大きな四角い海苔2枚で包んだものを思い出す。

 あくまでも私見であるが、米粒は一粒が大きいものより、小粒で重みのある米が好みである。先日、熊本県北部の菊鹿米を頂いたが、山間部の清流に育まれた米は小粒で艶があった。有名なコシヒカリにも勝るとも劣らぬほどであった。

 以下写真は、京料理「えのきぞの」のコース料理であるが、最後の食事の〆が「土鍋焚き立てご飯」である。ご覧のように、焚き上がったばかりのご飯を頬張る瞬間、その旨さに唸ってしまう。喉越し良く、至福の極みとなる。

 ミシュラン・ガイドでも世界的なグルメ王国は日本(ベスト3に、東京と京都が入っている)であることは周知の事実だが、それだけ日本人の味覚は、長年の間、四季の旬の食材によって育まれたものだろうと思われる。

 しかし、地球規模の温暖化が美しい日本の四季を濁し始めているようで、30年後の家庭の食卓に出される食材が現在のものとは全く異なるものに変わるのではないかと、危惧している今日この頃である。

 
▼京料理「えのきぞの」名物の土鍋焚き立てご飯
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
enokizono


▼京料理「えのきぞの」榎園豊成料理長
chakai-1


▼京料理「えのきぞの」人気コース料理
D75_6415


D75_6423


D75_6427


D75_6431


D75_6436


D75_6473


D75_6481



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/23 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp