ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

人気急上昇、「えのきぞの」のお弁当!

enokizono-square


 人気急上昇、「えのきぞの」のお弁当!

 宮本武蔵の五輪書から名を取った、「えのきぞの」のお弁当。地の巻(3000円/税別)、水の巻(2000円/税別)、風の巻(1500円/税別)の3種類からなる。

 先週月曜日など、定休日にも関わらず、花見弁当の注文が殺到し、早朝から大忙しの「えのきぞの」であった。

「チラシを見て、ご注文いただきました。地の巻と水の巻がご希望で、想定外の数に、気合が入りました。本当に有難いことです。」と店主は語る。

 欲目で見ても、「えのきぞの」のお弁当は、極上にてレベルが高い。筆者の友人も役員会の会食で同店のお弁当を依頼し、すこぶる好評であったことは、以前の記事でもご紹介したが、「素晴らしい!」の連発であった。

 常に遠慮気味の店主も驚くほどの好評ぶりに、お昼時は「えのきぞの」のお弁当に気合を入れ、多くの方々に楽しんで欲しいとのこと。

 少なくとも1週間に1回は自分の胃袋に収めたい逸品として、グルメリストに入っている。揚げ物で誤魔化すような弁当を嫌う店主であるが故に、その拘りが凝縮された「えのきぞの」のお弁当は、筆者に取っては命の宝箱になっている。

▼地の巻

850_2005


▼水の巻
850_1999


▼風の巻
850_1933


▼「えのきぞの」のお弁当チラシ
gorin-no-sho



◎えのきぞの
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/7 01:20 am

蘭の苦い想い出・・・

850_7386


 小雨がぱらつき、カレーライスを食しながら、インドアでも撮影を行えるところを考えていた。決めたのは、勿論、熊本市動植物園の大温室である。

 正直なところ、先日足を運んだ時と花々の様子は変わらぬのだろうと、テンションは低くかった。

 ところが、温室に入るなり、パッと花々の姿が変わっているではないか。数種類のガクアジサイなどもあり、急にテンションが上がってきたのである。

 蘭の花を見ると、筆者が幼い頃の話だが、祖父や父が趣味として、蘭を実家にたくさん育てていたことを思い出す。

 或る日のこと、寒蘭が植えられた鉢を、誤って蹴倒してしまい、一瞬にして鉢は割れ、蘭の花も飛び散るという、苦い想い出がある。

 後日分かったことだが、その鉢も蘭自体もとても高価なものだったらしく、それ以来、筆者は蘭の鉢には一切近寄らぬことにした。

 しかし、同園の蘭はすこぶる自然に育つ蘭の花のように、上手い具合に移植されており、足元を気にせず安心して撮影することができた。

850_7382


850_7377


850_7376


850_7374


850_7372


850_7371


850_7368


850_7364



◎ロゼッタストーン公式さと(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/6 12:56 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp