ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

サンタが去った日・・・

santa


 熊本ホテルキャッスルの南側サイド玄関から入ると、左側でクリスマスケーキの受け渡し場所が設置され、多くのお客が数日前からケーキを取りに足を運んでいた。スタッフが朝から晩まで、ずっと立ち竦めの状態で、お客が来館されるのを待っている。笑顔を絶やさず、ずっと待っている。多分に数千個のケーキを販売するのだろうと、大変なイベント企画でもあり、シティホテルとしての宿命だろうと。

 仏教徒が断然多い日本ではあるが、12月のクリスマスは国民的行事の一つとして慣例化し、現代のクリスマスは日本人にとっては、正月以上に盛り上がる。それを作り出したのは、もちろん帝国ホテルで。ホテルが文化発信基地として、長年の間、特に欧米の食文化を全国へ浸透させて行ったことや、百貨店健在なりし頃に西洋文化が根強く定着したことになる。

 筆者が初めてクリスマスケーキを食したのは、5歳の時だった。幼稚園の園長先生とご婦人に招待され、熊本市植木町の民家に足を運び、生まれて初めてワンホールのクリスマスケーキを見たことを、昨日のことのように覚えている。それは、それは衝撃だった。巷では、訳の分からぬショートケーキしか手に入らぬ田舎に住んでいたので、スポンジケーキや生クリーム、トッピング素材など、比較にならぬほど美味しかった。

 カトリック系の幼稚園だったので、昔の話ではあるが、ちゃんとしたレシピに沿って、作られていたことは、今だから分かる話である。訳あって(私の意志)、当時1年保育がスタンダードな時代に、筆者は3年4ヶ月もの間、その幼稚園に世話になった。早朝から足を運べば、園長先生とご婦人と一緒に、ご自宅にてトースト、目玉焼き、紅茶をご馳走になったことが何度もある。

 それからだろうか、スイーツがとことん好きになって、今でも、和食の後のデザートに納得が行かなかったり、または、そのランチが酷かったりすると、別の店に移って、スイーツとともにお茶をするのが、筆者のパターンとなっている。

 そんな楽しさ満載のクリスマスイヴとクリスマス。イヴの時は、深夜になってもなかなか眠れない。サンタさんが何を持ってくるのか、気になって眠れない。多分に、両親はなかなか眠らない筆者を覗き込みながら、「さっさと寝ればいいのに、いつまで待たせる気か!?」と腹を立ていたのかも知れないが・・・。

 そんなこんなを思い出させてくれるクリスマスの日。僅か2日間でその大イベントは終了し、新年へのバトンタッチの準備となる。いつの間にやら、今年のサンタさんは居なくなっている。頂いたプレザントは嬉しいけれども、サンタさんが居なくなってしまうと、ちょっぴり寂しいやらで、明くる日も、間違って来てくれて、2つ目のプレゼントが来るなんてことを考えた、貪欲極まりないガキだったことに気付かされるのだった。


800_1855



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/26 10:42 am

山鹿牛のステーキに舌鼓!

DFD_0537


 山鹿市で幼少期を過ごした筆者だが、「山鹿牛のステーキ(黒毛和牛)」を食したことはなかった。当時、そのようなブランド牛がなかったので、当然のことではあるが、これが、美味すぎて、つい、本日掲載予定の記事を変更してしまった。

 「山鹿牛のステーキ」をランチにて提供しているのは、名門・イタリー亭。流石に、シェフの焼き加減も素晴らしく、美味しくいただけた。ただ、塩が岩塩でなかったので、それだけは残念至極。

 筆者は、塩胡椒で焼いたステーキに、ホースラディッシュ(西洋わさび)をのせて食べるのが大好きだ。美味しい肉は、元々甘みが強く、喉越しも消化も良い。よって、ベタベタしたソースなんぞ不要となる。

 霜降りが美しい山鹿牛だったけれども、赤肉部分も味わい深く、あるお客さんは、「県産の和王や赤牛よりずっと美味い!」と言って、ペロリと平らげたそうである。近くの道の駅でも直販しているとの情報が入ったので、次回は、是非、この「山鹿牛」をゲットしようかと考えている次第。

 今回の取材ランチのお陰で、力漲ってきたようだ。・・・本当に旨い肉だった。


italy


shuzai



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/12/25 04:54 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp