ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

オリジナル料理「生彩」

castle1


 熊本ホテルキャッスル1階にある、ダイニングキッチン九曜杏。フレンチ、イタリアン、和食、期間限定のバイキングやいちごフェアなど、レストランホールでは、約140人ほどが一度に食事が可能であり、又、奥には細川という個室(畳敷き)にて、ゆったりとした気分で、郷土料理などの高級和食も堪能できる。

 今回、セカンドの工藤シェフに、筆者オリジナル料理「生彩(SEISAI)」をオーダーしたのだった。「生彩」」とは、筆者が勝手にネーミングしたもので、勿論、同レストランメニューには無い。・・・食欲が余りない時にオーダーするもので、ワンプレートの中央にローストビーフ又は生ハムを配置、その周辺に同レストランに有りったけの野菜とフルーツを飾り付けるもの。・・・見て楽しむワンプレートとして、自分なりにお気に入りとなっている。

 本日は、セカンドやその他若手シェフが一同に、この「生彩」に取り組んでくれた。・・・或るウェイトレスが「まるで美しいジャングルのようですね!」と言っていた。・・・そう言われると、ジャングルの奥に、太陽光が射し込む円形の芝生に花々が咲き乱れているような景色。・・・料理は、色彩、盛り付け、薫り、味が命であるが、見ているだけでワクワクするような今日の「生彩」。有り難い事に、毎回毎回、シェフ達が色んなスタイルで挑戦してくれるのである。

 今日のローストビーフは色も肉質も食感も良かったが、それに周囲のフルーツや野菜を巻いて食すと、一度に色んな味を楽しめる。あっと言う間に、ペロリと平らげてしまった次第。そこに、ブレッド&バター、そして、蜂蜜入りのホットミルクが、いつものスタイルである。・・・食後に胃腸がすきっとする。旬のフルーツや野菜たちが、身体を浄化してくれるように感じるのだ。

 こんな我が儘な客は居ないだろうと・・・時折、筆者はちょいと意地悪気味のオーダーをしてしまう傾向にある。それは、図々しいのではなく、ガラス戸越しのシェフとの日頃からのコミュニケーションと考え、敢えて、突拍子も無いオーダーを叩き付ける訳だ。・・・そこで、シェフが遊んでくれると、素敵なワンプレートが完成する。・・・それをファインダーから覗き込む時、一つ一つの食材の表情が実に美しく可愛く思えて仕方がないのである。

castle2


castle3



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2014/5/16 03:36 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp