ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ステーキハウス淀川インフォマーシャル

▼店主の淀川司朗シェフ

1


 ロゼッタストーン会員及び先見塾生でもある「ステーキハウス淀川」のインフォマーシャルを制作した。


 ここ数年で、同店を撮影した写真は数千枚・・・いや、1万枚は軽く超えていると思われるが、先ず、大量の写真群から選び出すのに一苦労。正直なところ、もっと良い写真も沢山あったような気もするが、今回は直感的に選んだ写真を使用して、インフォマーシャル制作に臨んだ。

 コンセプトは、「始業」、「男」、「現場」、「予約の電話」、「捌」、「時間との勝負」、「極上の食材」、「緊張」、「愛」、「喜び」、「満足」、「小洒落」、「安堵」、「極めつけの料理」、「終業」といったものを盛り込んだが、欲を言えば、実際に収録した動画もありだったかと、反省している次第。

 同店は、「日々変化、日々進化。」をモットーに、色んな食材を研究し、新たな商品開発へも意欲を持っている。客層も老若男女大勢のファンも多いが、最近は飛び込み客も急増しているようだ。やはり、本物の食材を使い、本物の料理人が、本物の料理を創り出す。それも、鉄板で出来立てほやほやの料理は、格別なものだ。

 最近、なかなか足を運べずにいる筆者だが、近いうちに、訪ねてみたいと・・・。

 ※インフォマーシャルをご希望の方は、お気軽に以下のFacebook上でお声を掛けて頂ければ、取材費及びインフォマーシャル制作費などの見積をご呈示致します。尚、ロゼッタストーン企業会員Cクラス以上は、今回に限り無償と致します。

https://www.facebook.com/dandlcojpLink

2


3


▼奥野心介セカンド
4


5


6


【ステーキハウス淀川公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link

【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/30 01:29 am

牛崎英司のイタリアン♪

DFD_5963

 

 先般、熊本県天草市にあるホテルを訪ねた。取材中のランチタイムに同レストランを使わせて頂いた。メニューは、牛崎英司シェフにお任せとし、視察に同行した皆にサプライズ。写真のように、普段のメニューにない、特別メニューをサーブしてくれたのだった。

 我々4名は、兎に角、グルメに煩い。・・・今回は同シェフと我々の闘いだったが、我々を唸らせたのが、サラダ、そして黒毛和牛や天草大王に添えられた複数のソースであった。勿論、スズキのポワレ、ズッキーニ、アンチョビとバージンオイルも旨かったが、青唐辛子と柚、バージンオイルで作り込まれたソースは、テーブル上で鮮やかに「夏」というテーマを演出してくれた。

 料理の構成は彩り素晴らしく、ランチとしては贅沢そのもの。塩胡椒の使い方が絶妙だった。言葉は悪いが、熊本県内の田舎で美味しいレストランにはなかなか当たらない。・・・と言うか、どこも食文化は高い方ではなく、グルメに詳しいホテル、旅館、レストラン経営者が極めて少ないのも、その要因となっているに違いない。

 今回の同シェフのハートを感じながらの会食(洋食)を、天草という地で開催できたことは、筆者としてはこの上ない幸せなひとときであった。

DFD_5970


DFD_5969


DFD_5980


DFD_6000



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2014/6/27 01:33 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp