ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » SiliconGraphics

未完の二十五年(4)

▼SiliconGraphics Personal Iris

800_9657


起業して25年目の今、思うこと・・・

CG制作事業計画における大きな誤算

 1990年10月1日に、当社が事業開始した。マルチメディア事業の中で、本格的なCG動画供給を練っていた矢先のこと・・・眼の前にあるマシンは、Macintosh llfxやllci、llcxである。

 llfxには、ダイヤクェストアニマークのボード(64万円)を挿し、動画制作に取り組もうとした。出力は当時保有していたパナソニックのタイムコードジェネレータ搭載のSVHSビデオデッキである。ところが同期が上手く行かず、直ぐに頓挫したのだった。

 よって、CANON担当者と再度検討会を開き、ニュービスタ+という高額なボードを導入することにした。しかし、Macintosh llfxから出力したとしても、CGが動画に対応するものではなかったので、僅か1本のコマーシャルをワイヤフレームの動画として納品したに止まった。制作費は60万ほど。これじゃ、最初のボード代の元は取れたが、次に導入した200万円を超すボード代の回収なんぞ、全くできない状況となった。

 話は前後するが、CANON担当者も詳細を知らずに、ボードを見つけたようだが、図面通り接続しても同期せず、結局は、当時仙台にいらしたビデオ関連の詳しい人から、「その接続図は逆じゃないですか!?」との連絡が入り、やっと同期したという具合だ。しかし、全国でもMacintoshにニュービスタ+なんぞを導入した企業は皆無に等しかった。

 当時のMacintoshでは静止画のCGであれば、何とか本格的な立体画像が供給できるが、画面で完成したとしても、そのCGを出力しなければならず、更に、昇華型プリンタの導入をしなければならない。当時、三菱が昇華型プリンタでプロ仕様のようなものがあったので、即座に導入することに。しかし、200万円ほど予算を組む必要があった。

 色々と苦慮しながらセッティングに傾注して行った訳だが、どうも、私の望むようなCG制作とは、かなり異なるベクトルで動き出していることに気づいたのだった。

 年が明け1991年となり、東京へ足を運んだ時のこと。たまたま、有楽町の映画館でターミネーター2が上映されていた。液体水銀がプヨプヨトと動くCGの質感に腰を抜かしてしまった。映画終了後、PIXELという専門雑誌を手に取り、本格的なCGクリエイトマシンは、何が最適なのかを調べてみたのである。

 そこで行き着いたのは映像エキスパート軍団のイマジカグループだった。その関連会社がCG専門事業をしていると言う。直ぐに、同専務に面談のアポを取った。それから2ヶ月して、再度東京へ足を運び、同専務と再会し、長時間にわたり話し合いを行い、展示してあったマシンを指差し「これを、ください!」と言ってしまったのだ。それが写真1枚目のものだ。

 値札が見えないので、口頭で金額を聞いてみたら・・・な、何とSiliconGraphics Personal Irisが3200万円だと言う。Macintosh llfx本体と何やかにやで既に640万円ほど費やしたのに、その比ではなかったのである。

 そうしている内に、5月になってしまった。何とか導入したいSiliconGraphics。しかし、CGソフト「リンクス」が別に720万円。1台の怪物のようなマシンを入手するのに、導入教育費などを加えて、4500万円ほどになってしまうのだ。

 私は、本格的なCG制作を甘く見ていた。数百万でできそうな気がしていたが、大きな勘違い履き違い。導入当初から大きな誤算だった。それに加えて、イマジカの専務が心配していたことが生じた。それは、当社の第一回決算もできていない点だ。よって、リースが通るか否かの問題が生じる。(普通ならば不可)

 よって、6月に某リース会社の理事長宅に、日曜日の午後9時に足を運び入れ、午前零時までの3時間、滅茶苦茶な事業計画書を提出し、リースを通して貰うための、大プレゼンテーションを行った。

 起業して、僅か8ヶ月の弱小会社。とんでもないプレゼンだったが・・・翌日の月曜日の正午に、リース会社の理事長より「リースは理事会で通しました。よって、5年間大変厳しいでしょうが、しっかりと仕事を頑張って、リース料を完済してください。その約束を頂ければ、明日、午後から契約書をお持ちして契約に臨みます。」と。

 生汗ものだったが、その連絡を得て、間髪を入れず、イマジカの関連会社専務に電話で「リースが通りました。導入計画をよろしく願います。」と意気揚々に話したことを思い出す。

 しかし、それから5年間が地獄の毎日になるのかなど、全く予測もしていない私が居たのだった。(苦笑)


800_9664


800_9668


▼SiliconGraphics Iris INDIGO
800_9676


800_9679


800_9684


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/5 01:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp