ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 梅林園

椿散る、野鳥園。

D75_2552


 椿の花は、昔から牡丹の花と同様に、首が落ちるイメージがあるのか、不吉な印象を持たれていた時代もあった。

 しかし、色気ある口紅を彷彿させる紅色の花弁は、周囲の緑に映え、特に、熊本県立美術館傍の野鳥園は一面に苔が生えており、光と影の共演を楽しみながら、紅の花々の撮影が可能となる。

 最近、カメラとレンズの組み合わせ実験にて、2日続けて同園に立ち寄った。今の季節は、とても空気が気持ちよく、蚊などの虫も少ないので、園内の椿やその他の木々をゆっくりと撮影することができた。

 同園は、あまり人が足を運ぶところではない。ただ、カメラ大好き人間にとっては穴場となる。メジロやセキレイなどが飛び交い、超望遠を持ち込めば、彼らと鬼ごっこしながらの撮影を楽しむこともできる。

 ちなみに、周囲には熊本城の二の丸、三の丸、旧細川刑部邸などの駐車場があるので、散歩方々立ち寄るのも宜しいかと・・・。喉が乾けば、熊本県護国神社の入り口に自販機があるので、何なりと調達できる。


D75_2558


850_2366


850_2370


850_2372


850_2375


850_2383


850_2385


850_2402


850_2403



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/3/11 02:16 am

そろそろ、梅花も終わりに・・・

▼熊本県護国神社の梅園に咲く梅花
850_1276


 三月三日まで、旧細川刑部邸の梅園が臨時無料開放というので、再度足を運ぶことにした。ところが、ほとんど散ってしまっており、小雨も落ちてきたので、撮影を中止し、熊本県護国神社の梅園へと。

 同神社の梅園は、まだ見頃の梅花もあり、スマホを片手に撮影する夫婦やカップルも来ていた。梅花がたくさん残っているところへは、メジロとスズメの団体さんがティータイムに立ち寄っている。可愛い囀り。しかし、落ち着きのないメジロは、枝の奥へ隠れて撮せない。

 よって、梅の木々の枝の付け根を狙って、「今からも咲いて見せるぞ!」という花芽を撮影して、今日の取材を終了した。


850_1301


850_1264


850_1163


850_1172


850_1260


850_1278


850_1285



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/28 02:13 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp