ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 敬愛の念

おめでたい人、そして、嬉しい人。

josui-3


 取材ランチの食事処として、足繁く通っている熊本ホテルキャッスル。昨日、長年お付き合いしている岩本憲治氏が、目出たく、永年勤続30年だと言う。学生時代は剣道で鍛え上げられ、立ち姿が素敵な、ホテリエが天職のような人物であり、同僚からの信任はすこぶる厚い。

 同ホテルに新聞社時代から通い詰めて40年になるが、10年経った頃に、同ホテルに新卒として入社したのが同氏となる。それから30年の歳月が流れ、今では食堂部長に昇格し、料飲の要として、同ホテル現場の柱として、若手スタッフが羨望の眼差しで敬愛する、将来の鍵を握る幹部となった。

 初の出会いは、同氏がパルコ(現 ダイニングキッチン九曜杏)のスタッフとして配属になった頃。それから他部署へ異動があり、現在に至っている。誰が吹聴したのか知らないが、気難しい人物としてのイメージが根付いている筆者なので、日々苦労を掛けたに違いない。

 しかし、同氏は常に「自然体」であり、剣道で例えれば、静かに「正眼」(剣先を相手の喉元に向ける)に構え、与えられた仕事は責任をもって完遂するタイプの人間である。時には冗談も飛ばすが、筋金入りの人物として、30年間の長きに亘り接してきた、なかなかの好青年である。

 同ホテルの常連客の中で、最も危険な難癖人間としてのイメージが染み付いているが、同氏のように、「自然体」の人から見れば、普通の優しいオジサンに見えるのではなかろうか。苦笑いものだが、ただ、洞察力だけは鋭いと自負しているので、その点が「気難しい」に繋がっているのかも知れない。

 先般、二十代半ばの女性スタッフに「若いのに、最近落ち着きが出て、仕事が捌けますね!?」と聞くと、「ありがとうございます。岩本部長がこのレストランのマネージャーの時に、厳しく指導をして頂いたので!」と、にこやかに答えてくれた。素晴らしいの、一言。

 今の時代、「厳しい指導を受けて今の自分がある」と豪語できる女性スタッフを見たことがなかったが、一瞬、鳥肌が立つほど嬉しかった。確かに、多くの同僚からの信任が厚いと分かっていても、リアルな「敬愛の念」の存在に、「正眼の構え」の威力を再認識したのである。

 幹部となると、鼻高々と、能力の無さをひた隠し、虚栄に満ちた人生を送る稚拙なる人間も多い。それが雇われの身であれば、僅か数年の命にて、その虚栄も消滅する。幹部とは、常に「自然体」にて重責を果たし、部下の立場を考え気配りできるのが、必要不可欠な条件となる。

 おめでたい人、そして、嬉しい人。周囲にそのような人たちが多く集まれば、きっと、何事も好循環に動き出すのではなかろうか・・・。


▼岩本憲治氏(熊本ホテルキャッスル 食堂部長)
2021-10-19-00


2021-10-19-000


▼天ざると柿のムース(ダイニングキッチン九曜杏)
2021-10-19-01


2021-10-19-02



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/20 12:00 am

偏見と思い込みの押し付け・・・

josui-3


 年配者の偏見と思い込みの激しさは、筆舌に尽くし難いほど、万とある。特に、若者に対する偏見や思い込みは、思いの外、何の根拠もないこともしばしば。己のキャリアを称賛し、常に上から目線で、あたかも若者が劣勢に立っているのが当然のような口調で語る毒舌者もいる。

 例えば、「今の若い奴は、馬鹿ばっかり!」と言い放つ、デリカシーのない年配者。自分自身の若き頃の「オイタ」を神棚に上げ、一方的に若者の未熟さの揚げ足取りである。「お前たちが反論するのは、100年早い!」など、以ての外。罵詈雑言を繰り返すだけで、若者の発想を認めない。

 更に、「どれだけ社会貢献してきたんだ?舐めた口を叩くんじゃないよ!」と、年功序列大好きな年配者の決まり文句である。それが企業などの組織ともなれば、「先輩に楯突くのか?明日からは机も椅子もなくなるぞ!」とか、「ふざけた事を言っていると、降格処分だ!」などなど。

 また、SNSなどでの「あるある」は、「私の子供みたいな歳なんだね!?まあ、家の娘と同じ歳なの?」と、やけに人様の年齢を気にする年配者。そこには、親と子の歳の差があることを明言し、既に上から目線で人様とコミュニケーションを図ろうとしている姿勢が見え隠れする。

 そんな具合じゃ、まともな会話も成り立たない。若者が何かについて質問しようとすれば、「そんな事も知らんのか?まだまだ、青いな!」と、せせら笑いをしながら、その若者の存在自体を愚弄する。よって、若者からすれば、「こんな質の悪いおっさんやおばさんから言われたくないわ!」と感じるに違いない。

 逆に、若者の偏見と思い込みはどうだろうか!?年配者とは異なり、社会人となって数年であれば、経験値が高いとは言えない。しかし、高学歴でプライド高き若者は、自分なりに自信満々に持論を展開する。勿論、正論もあれば、履き違えの稚拙な語りも無きにしも非ず。それは、それで面白く、許される。

 しかし、「あのジジイは棺桶に片足突っ込んでいるくせに、ふざけたこと言いやがって!」とか「俺の親父やお袋であるまいし、要らぬ世話が多い!」と内心穏やかでない事もしばしば。特に、他人の年配者から、分かりきったような、それも思い込み激しい言い方をされると、絶対に会話は成り立たない。

 他人様の年齢や性別、そして歳の差を気にする日本人が多いから、上記のような流れが当たり前の世界となっている訳である。若者がどんなにキャリアがなくとも、年配者よりも柔軟かつ大胆な発想を持っているに違いない。年配者が若者よりも社会経験が豊富なことなど分かり切っている。

 但し、年配者にも若者にも、その中間的な年齢層の人にも必要なことは、いくら歳の差があろうが、「敬愛の念=リスペクト」がなければ、決して素晴らしいコミュニケーションが取れるはずが無いことを知るべきである。相手を尊ぶことで、その話がよく理解できる。「聞く耳」ではなく「聴く耳」を持ってである。

 まあ、世代の垣根を飛び越えられない人たちは、上で指摘したような考え方やものの言い方を、デリカシーなく言う人たちだろうと考える次第。要は、「敬愛の念」と「聴く耳」を持てば、何の障壁もなく、世代の違いを感じることなく、愉快な会話が延々と続くことになる訳だ。

 「年功序列」、「女性蔑視」、「上から目線」、「価値なき経験論」、「根拠なき推論」を全て脱ぎ捨て、裸一貫でフラットな関係を保つことで、人間らしい、素敵なヒューマン・コミュニケーションが可能となることを、全世代の人たちへ申し伝えたい。実に簡単なことなのだが、理解できていない人が多すぎる。


▼孔子公園のカラー
henken-01


henken-02


henken-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   


  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp