ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 戌亥櫓

超望遠600mmで捉えた熊本城

▼未申櫓

D60_5674


 今回は、超望遠600mmレンズだけで熊本城やその周辺を捉えてみた。いつもと勝手が違うが、これもまた、たまには面白い試みであると、撮影を楽しませていただいた。

 大天守には、観光客が多勢立っている。周囲を見下ろし、カメラを向けている観光客。宇土櫓にも一人の男性が立っていた。二の丸公園では仲の良い夫婦がワンちゃんと散歩や結婚式の前撮りのシーンを垣間見ることができた。

 超望遠レンズで見る世界は、日頃から使っている標準レンズやワイドと全く異なるもので、いわゆる圧縮効果を存分に感じながら、覗き込んでいた。野鳥をチェイスしながら撮影するのも楽しいが、このように建築物をいろんな角度から見るのも、良い勉強になった次第。


▼未申櫓
D60_5682


▼大天守と宇土櫓
D60_5719


▼大天守
D60_5680


D60_5706


▼宇土櫓
D60_5734


▼樹木とヤドリギ
D60_5723


▼結婚式の前撮り
D60_5737


▼ワンちゃんとお散歩
D60_5697


▼ボランティアによる城内案内
D60_5745


▼ヒヨドリ
D60_5685


▼人懐こいセキレイ
D60_5795



※肖像権により、顔は全てぼかしています。

▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/3/3 12:36 am

ひごまる君とお姉さんにばったり。

▼ひごまる君とお姉さん

higomaru


http://higomaru.kumamoto.jpLink

 昨日は、「お決まり!」となった八景水谷の野鳥たちへのご挨拶。白鷺やヒドリガモをさっと撮影して、桜の馬場 城彩苑へと移動した。

 二の丸方面を散歩しようと坂を登っていると、熊本城のゆるキャラである・・ひごまる君とお姉さんに遭遇した。実は、そのお姉さんの母親とはずいぶん昔からの顔馴染み。当社がCGコマーシャルをガンガン制作していた頃に、メインのナレーターとして頑張ってもらった方である。

 ひごまる君とお姉さんに遭遇したのは、未申櫓の手前。観光客が記念撮影を終えた頃、ちょっとご挨拶をして、写真を撮らせてもらった。ひごまる君もサービス良く、一所懸命ポーズを取りながら、両手と片足を小刻みに動かしていた。ゆるキャラを撮影するのは初めてのことで、どこにフォーカスのピンを落とせばいいのか、一瞬悩んでしまった。(苦笑)

 二人との遭遇後に、宇土櫓前を通り、加藤神社、そして戌亥櫓を巻くように二の丸公園へ。途中途中で撮影しながら、桜の馬場 城彩苑に戻って行った。気づけば午後5時近くになっていたので、撮影した写真を車内で一度確認をして、帰途についたのだった。


▼ランチ前に立ち寄った八景水谷公園の野鳥たち
1


▼ひごまる君とお姉さんに遭遇後に撮影した熊本城
3


▼取材風景
nishida



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/18 12:21 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp