ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿灯篭まつり

宝石&メガネの老舗「OCHIAI」 II

▼宝石&メガネの老舗「OCHIAI」店主 落合克典さん
800_1087


 先般頼んでいたレンズができたので、本日はレンズ交換のために、宝石&メガネの老舗「OCHIAI」(熊本県山鹿市 温泉プラザ山鹿)へ。

 店内のレイアウトは、既にクリスマスバージョン。メガネたちを「彼女」と呼ぶ落合克典さんだが、「彼女」たちを指差し語る姿は、「彼女」にゾッコンの恋人の眼をしている。

 お陰様で、レンズ交換が無事終わり、メガネを付けてみると、以前より明るく鮮明に見えるようになった。帰りの運転が、薄暮時と言えども、すこぶる楽々である。

 
DFD_0222


DFD_0227


DFD_0273


DFD_0275


DFD_0283


DFD_0284


DFD_0286


DFD_0287


DFD_0288


DFD_0289


DFD_0293


DFD_0296


DFD_0301


DFD_0255


DFD_0263



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

◎OCHIAI(宝石・メガネ オチアイ)
 代表 落合克典
 〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿1 温泉プラザ山鹿
 TEL/FAX 0968-43-2840

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/11/29 08:22 pm

耳を擘く爆音・・・

500_2856


 耳を擘く爆音が外から聞こえてきた。花火である。オフィスの窓から外を見ると、左手にボンボンと上がり出した。

 せっかくの花火だから、写真撮影しようかと思い、600mmの超望遠レンズを窓から突き出し、撮影することにした。電信柱やその他建物が邪魔になるので、望遠で花火の中心を撮影する感じだが、昔々、新聞社時代に、あるイベントにおいて、花火を打ち上げるど真ん中で、ヘルメットをかぶり、花火を真下から見たことがある。そんな感じの映像がファインダーから見えたのだった。

 花火打ち上げの場所が近いので、近隣の家々の窓ガラスが、花火の波動により、ミシミシと音を立てて、揺れ動く。本来ならば、三脚を立てて、スローシャッターにて花火の美しさを切り撮る訳だが、そんなに時間も無いので、手持ち撮影で十数分間の地域の花火大会を楽しませていただいた。

 オフィスに居ながら、花火を鑑賞できるとは幸せなことだ。幼い頃の、山鹿灯籠まつりの前夜(毎年8月15日)の花火を、当時の実家二階から眺めていたことを思い出した。腹にズシンと響く花火の音。これもまた、新聞社時代に熊本に招聘した「鼓動」の迫力ある太鼓の演舞も脳裏に浮かんできた。


500_2862


500_2911


500_2924


500_2936


500_2963


500_2980


500_2990



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/9 03:17 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp