The Rosetta Stone Blog

タグ » 切れ味のよい文章の書き方

不思議な八景水谷の看板・・・

600_9941


 先日、八景水谷(はけのみや)公園の椿を撮影に行った時のこと。帰り際に、新しい看板が有ったので、何気に1枚撮影して戻ったのだった。

 オフィスへ戻り写真を整理していると、どうも、看板の地図が、筆者の立ち位置からすると、左右反対に見えるのである。(地図のNは、立ち位置から見ると右手南を指している)

 立ち位置から左手に進めば、奥に水の科学館や湧水池があるはずだが、この地図では右手に描いてある。

 きっと、看板設置位置は決まっていたものの、地図の発注が逆さまになっていたのか・・・この看板が道向かいに立ててあれば問題はない。

 真っ新な看板なので、作り直すのは勿体無く、できれば移設すれば宜しいかと。一応、日曜日ではあったが、水の科学館へ連絡をしておいた。

 筆者の勘違いであれば良いのだが・・・。


▼写真は看板近くの椿の花々
600_9907


600_9913


600_9916



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/25 03:36 am

文章も書けねば、一端の大人と言えず。

▼写真は八景水谷公園(熊本県熊本市北区)の椿
600_9878


 最近、或る自治体から書簡が届いた。封を開けて目を通すと、曖昧な表現が矢鱈に多く、行政らしい厳格な文章とは言えない。本日、行政のプロでもある親友と夕食を共にしたので、その書簡を手渡し、読んでもらった。

 行政のプロの感想を聞くと、「とても分かり辛く、無味乾燥。レイアウトも悪く、体裁どころの騒ぎではない。」と言う。続けて、「謝罪のようだが、心が伝わらず、形式的な言葉の羅列にて、次のステップも見えない、大変お粗末なものだ!」と。

 まともな文章も書けない、或る自治体の担当者。日頃から訓練されていないのか、言葉のチョイスも悪く、何もかも洗練されていない。それが、万が一、日頃の業務として罷り通っているのであれば、閉口ものとなる。

 まともな文章を書けないでは、一端の大人と言えず、公務に携わる社会人としては失格である。


600_9904


600_9894


600_9890


600_9923



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/2/24 03:26 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp