ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人柄が老舗を支える

老舗食事処の横綱・大関・関脇

kawasemi


 ロゼッタストーン公式ポータルサイトには、60年以上も続く老舗食事処が、お陰様で三店舗も参加している。店を構え、長年続けられるには、何らかの秘策があるのではないかと思いを巡らせながら、各店舗のご紹介をしたいと考える。

<水前寺東濱屋> http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

 その横綱的存在は、140年の歴史と伝統を誇る「水前寺東濱屋」である。同店は、元々、現在の近代文学館横にあった料亭だが、現在は道路向かいに移転し、鰻専門の名門として、県内外にファンが多い。厳選された極上鰻を、同店伝統のタレに何度も付けながらの焼き方だが、3本の菜箸を操る料理長の吉田明さんの手捌きが凄い。中でも、1匹の鰻を捌くのに、僅か15秒と言う早業なのである。現在まで多くの有名人が足を運んでおり、余りの旨さに絵を描いてくれたという洋画家の野田健郎画伯。残されているのは水彩画だが、当時の料亭中庭に映り込む灯りや食を楽しむ人影が何とも言えず、風情がある。(予約をお勧めします)

<えのきぞの> http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link

 次は大関的存在が、85年の歴史と伝統を誇る「えのきぞの」である。昭和9年に初代 榎園 豊さんが料理研究所を開設。昭和20年終戦の年に榎園料理学院を創立。それから昭和49年に2代目 榎園一雄さんが仕出しを始め、平成14年に三代目 榎園豊成さんが日本料理ENOKIZONOをオープン。更に、平成30年9月19日に大江から新屋敷へ移転し、「えのきぞの」と改称し、新たなスタートを切った。同店は懐石料理を中心として、ランチやディナーで素敵な料理をサーブするが、茶懐石などのケータリングの要請もあり、その技術の高さが窺い知れる。(原則として予約制)

<四季の味 やまもとや> http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

 最後は、関脇的存在の「四季の味 やまもとや」である。同店も六十有余年の歴史と伝統を誇る、益城町の名物食事処である。2016年4月の熊本地震により全壊した店舗や自宅。地震後、2年7ヶ月の空白を家族一丸となって再建に取り組み、昨年11月9日にめでたく復興した。初代は地震後に無念にも他界されたが、昨年の復興グランドオープンで、二代目 山本正一郎さんから三代目の長男 山本剛大さんと次男 山本紘士さんへバトンタッチを行い、現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで、日々突進しているところである。懐石料理がメインとなるが、テイクアウト(お土産)の名物太巻き寿司やいなり寿司は、昔ながらの「やまもとやの心」を受け継ぎ、大変な人気となっている。(原則として予約制)

▼水前寺東濱屋(熊本市)・・・・・横綱

higashihamaya


higashihamaya1


higashihamaya2


▼えのきぞの(熊本市)・・・・・・大関
enokizono


enokizono1


enokizono2


▼四季の味 やまもとや(益城町)・・関脇
yamamotoya


yamamotoya1


yamamotoya2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp