ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ビジュアルツール

情報発信への軽視と自己満足の世界・・・

josui-3


 SNS時代となり、国内でも数千万単位の人たちがSNSに飛び付き、突進する。これは、一つの時流でもあり、情報への価値観も情報の処理方法も変わってきて当然である。ところが、いつ仕様が変わるか分からぬSNSに対して、絶対的な信頼を傾け、従来のメディアを軽視し、偏った価値観のままひた走る経営者も少なくはない。

 オフィシャルとプライベートの区別がつかず、SNSにて大恥をかきっぱなしで胡座をかいている経営者がいる。B to Bの世界では、「信頼」あっての物種。勿論、プライベートも人を形作る両輪の一つになる訳だが、それが理解できぬ経営者もいる。

 特に、個人事業主に多く見受けられるのは、SNS上で如何に露出度を高めるかだけに力を注ぐあまり、本業における信憑性の高い情報発信が希薄になっている企業も多い。それは、人任せのネット事業を運営しているのが、大きな要因となっているのだが・・・。

 例えば、或る企業のFacebookページを拝見すると、なんちゃってお兄ちゃんがタメ口にて、不定期的に毒を吐いている。内容を精査すると、B to Cにおいて、お客との距離感を完全に見誤り、いい大人が、遊び感覚での赤恥情報発信に成り下がっている。

 経営側が情報の軽視へ走り、担当者が距離感を間違え粗相する。しかし、経営側も担当者も、自己満足世界の枠内であることさえ気づかず、日々、無味乾燥なる情報を垂れ流し、競合する企業に置いてきぼり、加速度を上げて民度を低める始末となる。

 現在のネット事業とは、素人でも容易くできるように勘違いしている人が想定外に多い。「コピー&ペースト」が楽々にて、「転送&転載」などは無政府状態。一度、大変なミスをすれば、それが半永久的にネット上に「汚点」として刻まれる事になる。

 弁慶の如く、ありとあらゆる武器を身に付けているように思いがちなSNS。よって、公式サイトと連動するSNSとは何が最適なのか、どういうベクトルにてジョイントするのか、また、検索エンジンとの絡みも十分に考慮し、正攻法のネット事業へ軌道修正すべきだと考える次第。

 1964年の東京オリンピックにおいて、キュイジーヌの世界で帝国ホテルが可能とした「質の量化と量の質化」と同様に、ネット世界においても「質の量化と量の質化」が必須ではなかろうか。更に加えて、人として「民度の高さ」が不可欠ではなかろうかと思うばかり。

 
▼情報発信に必要不可欠なビジュアル・ツール(以下写真はサンプル映像)
jikoman-1


jikoman-2


jikoman-3


jikoman-4


jikoman-6


jikoman-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp