ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » グルメ番組

1月2日、深夜のひと時・・・

DSC_5585


 昨日で御節(熊本ホテルキャッスルの「福重ね」)を完食した。いつもは三日まで残るのはずだが、今回は、早くも写真上のように、三段重の御節が、最後の盛り皿となってしまった。

 久しぶりに数時間に及ぶグルメ番組の特番を見ながら、料理写真の整理をしていたのだった。・・・番組を見ると、ザ・リッツ・カールトン東京の「ひのきざか」が会場となっていた。筆者にとっては、東京取材の時に、三度お邪魔したところなので、とても懐かしかった。

 画面左後方に若きイケメンの料理長が立っている。・・・「ん?何処かで見たような、知っているような・・・」と覗き込むと、何と、Facebookでも友人であり、筆者が数年前にリッツを取材した時の料理長と深い関係があった。前の料理長は新潟出身、現在の料理長は山口の出身だ。

 出身地が違えば、自ずから厳選する食材も変わってくるのだが、流石にリッツである。ホテルのホテルとして世界的に有名なホテルであるが故に、食材も一つ一つ拘っており、サーブされる料理も、鮮やかでセンスが良い。そんなこんなを思いつつ、カメラ本体やレンズのクリーニングをしなければならぬことを思い出した。しかし、まだ、それに取り掛かれない筆者が居る。

 そうしている内に深夜となり、その間、いろんな方々から、Facebookのリクエストが届いた。嬉しいやら忙しいやらで、あっという間に、今の時間・・・午前2時となってしまった訳だ。明日は、日頃からお世話になっている熊本ホテルキャッスルへ新年のご挨拶方々ランチをとり、そのまま初詣に出掛けようと思っている次第。

 ちなみに、筆者の生まれは、熊本県北部にある山鹿市という、温泉と山鹿灯籠まつり、装飾古墳などで有名な、古い小さな街である。・・・ところで、正月に欠かせないものに、田舎の手作り納豆がある。今年は残念ながら入手に失敗して手元にないので、市販のものを代用することにした。餅を雑煮風に茹でて、その餅だけを救い、別の小皿の上で、納豆と一緒に食すのだ。

 これは、熊本県北部の独特な食し方だろうと・・・。もしかすると、老人の喉に餅が詰まるのを防ぐことにもなり、また、塩だけで納豆を練るので、食後に少々喉が渇きはするものの、風邪をひかぬ何か効用があるのだろうと、勝手ながら解釈している。・・・毎年、正月になると昔を思い出しつつ、懐かしい故郷の風習などを思い起こすのである。

 
▼熊本ホテルキャッスルの御節「福重ね」(三段重/和洋中)
DSC_5447


▼丸餅
2015-01-03002945-1


▼塩だけで練った納豆
2015-01-03002950



【ディー・アンド・エル社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/3 01:44 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp