ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » カレー

豪華ハーフ・アンド・ハーフカレーに変身!?

▼ビーフカレー(熊本ホテルキャッスル レトルトカレー)

IMG_4569


 レトルトのビーフカレーを試食してみた。勿論、レトルトならではの肉質と量ではあるが、ホテルメイドとして、すこぶる上品で満足度の高いものだった。脂身を好むので、コロコロとした肉が柔らかく脂身に当たれば、ラッキーと思いながら食して行った。

 先般、同ホテルの新作レトルトであるトマトチキンカレーを紹介したが、上品な味わいで、鶏肉もホロホロしており、美味だった。レトルトカレーは一袋700円(税込)。スーパーで市販されているレトルトよりもやや高めだが、その食べ方を考えてみることに・・・。

 そうそう、写真下の同ホテルのハンバーグカレーのように、自宅でも、そのハーフ・アンド・ハーフで食せば、ちょっと欲張り贅沢なカレーライスにはなりはしないかと考えた。手元にあるレトルトカレーが無くなったので、次回は、この食べ方に挑戦してみようかと・・・。

 一人暮らしの方には、大食漢以外は少々量が多くなるので、二人暮らし以上(偶数の家族)ならば、このハーフ・アンド・ハーフカレーライスは食卓を楽しませてくれること間違いない。ただ、美味しい白米は命となるので、ご飯だけは気合を入れてご準備願いたい。


▼トマトチキンカレー(熊本ホテルキャッスル レトルトカレー)
IMG_3976


▼ハーフ・アンド・ハーフのハンバーグカレー(熊本ホテルキャッスル)
HALF-AND-HALF


▼同ホテルオリジナルレトルトカレーパッケージ
BEEF-TOMATO



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/24 12:00 am

トマトチキンカレーを試食!!

curry-tomato-001


 昨日の記事の続きだが、新発売となったレトルト「トマトチキンカレー」(熊本ホテルキャッスルのホテルメイド)を試食することにした。

 先ず、鶏肉が国産であるところが安心できる。香辛料やチャツネなどの薬味は、思いの外、細やかにバランス良く配合されている。更に、約1年間は常温保管が可能であり、昨日からの豪雨、台風や地震などの災害時には、熱々の非常食として食せるので、とても有難い。

 ここでお味のほどだが、鶏肉はほろほろと柔らかく煮込んであり、すこぶる食べやすい。ルーの仕上がりは滑らかで、薬味など全てが融合している感がある。ただ、酸味ほどほど、甘味ほどほど、濃くほどほど、辛味ほどほどなので、カレーならではの刺激を求めることはできない。

 それは、家族で食す場合に、幼い子供たちでも食べやすく、マイルドに仕上げているのだろうと推察する。量的にはレトルトスタンダード。よって、ズッキーニやパプリカ、ナスなどを焼いて添えると見掛けも美しく、食後の満足度がぐっと高くなるに違いない。

 スーパーで等で販売しているレトルトカレーと比較すれば、お値段は1袋700円(税込)とやや高め。具の量や刺激を求めれば、中村屋のインドカレーやボンカレー。ホテルメイドの安心安全を考えれば、他と比較にならず、この「トマトチキンカレー」に軍配が上がる。

 最後に、レトルトと雖も、ご飯の質によってかなり味が変わる。今回炊き上がった白米は、生産農家直送の熊本県産「ヒノヒカリ」。日本人にとっては、この米が命となるので、可能であれば、ちょいと高めの上質米と一緒に食される事をオススメしたい。


▼新商品トマトチキンカレー
curry-tomato-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/14 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp