ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » アメリカ合衆国大統領選挙

茶番劇たる大統領選挙・・・

▼写真群は「泰勝寺」の茶室と竹林

DFD_7849


 第46代アメリカ合衆国大統領選挙を見守っていたが、舌戦と言えども、相手に対する誹謗中傷の雨霰とフェイク戦術を眼前にして、民度の低さを感じるばかりであった。それが、民主主義国家を代表する超大国アメリカ合衆国国家元首の選挙なのだ。

 昔は、このような情報は新聞などの活字媒体や、ラジオやテレビなどの電波媒体でのみ入手可能であったが、ユビキタス時代に至っては、いつでもどこでも、掌にてリアルタイムで情報を得ることができる。更に、何度もリプレイが可能となる訳だ。

 77歳と74歳の高齢者の舌戦は、威厳と気品があり、政治家としての「徳」があると思っていたが、特に、トランプ大統領に至っては、自分自身がフェイクであるのが常となり、「恥ずかしさの境界線」を逸脱し、筆舌に尽くし難き「醜態」ばかりであった。

 口を尖らし、妙なパフォーマンスを多用し、如何わしいダンスを披露する。やはり、国家元首としての認識が浅く、全権を握った瞬間に、家族ご一同様がキャビネットを私物化し居座る始末。個人主義というよりは、利己主義だけでキャビネットに鎮座していた。

 自分大好き人間の顛末は、世界中の人々が注視しており、特に、歴史と伝統を重んじる国家の国民には、想定外に低俗な選挙戦であったのだろうと推察する次第。日本国内であのような舌戦が繰り返されるとなれば、「資質に欠ける!」と嘲笑ものである。

 棚ぼた的に絶大な権力を持つと、人間は、勘違い、履き違えのベクトルにて世界を掻き乱す。独裁者の常套手段が眼前に繰り広げられることになる。現在でも、世界の一部の国家では、同様な独裁者たちが、己の「格付け」と「保身」のために搾取に専念。

 何とも情けないことであるが、貧富の差があって当然の政治手法であり、古今東西、異常なる独裁者の出現で、世の中は砂塵舞い散る砂漠のように乾き切り、庶民はすこぶる厳しい生活を強いられてしまうことになる。何とも合点の行かぬことばかりである。

 蛇足ながら、常に頭に血が上った状態のトランプ大統領のような人間は、アップル社創始者であるスティーブ・ジョブズがこよなく愛した日本の「禅」を学べば宜しかろうと。少しは、己の「醜態ぶり」を背中から見えるようになるかも知れない。(期待薄)

 いや、74年も積み重ねてきた歪んだトランプ大統領の思考回路は、今更、改善の余地はなさそうである。しかし、テレビ画面に登場する大統領の全体のオーラに翳りが見えてきたのは事実。大統領の眼力もなければ、立ち去る背中に、脱力感と侘しさしか見えなくなってしまった。


D85_1348


D85_1349


D85_1356


D85_1364


D85_1365


D85_1367


DFD_7876



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/15 12:00 am

吾輩は民度高き野良猫である・・・

D85_1263


 ここ数日間は、アメリカ合衆国大統領選挙のために、当然の如く、寝不足になった。

 日本の立ち位置や両国間の政治経済面での近未来云々は差し置いて、個人的にはバイデンを支持。4年前の悪夢を思い出しながらも、高齢であるバイデンの必勝を願っている。理由は、赤い悪魔のようなフェイク・トランプと違い、政治家としてキャリアを持つ「大人」である点だ。

 昨日のトランプの意気消沈した眼光なき記者会見の内容は、これまたフェイクそのもの。難癖つけて、往生際の悪さを露呈していた。バイデンの方は、長期にわたる選挙戦での疲れもあるのか、滑舌は良くはなかったが、「CALM!」と言える「大人」であった。

 残る4州は双方が拮抗しており、現在も正式な選挙結果が出ていないが、地球全体に影響力を持つアメリカ合衆国大統領選挙の結果は、誰しも気になるところとなる。しかし、モラルなき闘いを性懲りもなく続けるトランプの醜態は、これ以上、液晶画面で見たくもない。

 トランプが負けた場合、威風堂々と「去り際の美学」を見せて欲しいし、トランプが奇跡的に勝ったとしても、相手を労い、誹謗中傷、揶揄などの汚い唾だけは吐き散らして欲しくはない。超大国の大統領なのだから、民度の高さを見せ付けてもらいたい。

 今回の選挙戦において腰を抜かしたのは、アメリカ合衆国のデモクラシーが消滅したのではないかと言うことだ。相手の政策への注文なり、異見なりを突きつけ闘うのは当然であるが、トランプの罵言は野蛮で、名誉毀損も甚だしく、品位なきものである。

 どんなにパワフルで、アグレッシブで行動力あるトランプと言えども、17歳の少女から「CHILL!」と言い返されるほどだから、実に情けない。以前の或る記事に「トランプは5歳児」と揶揄していたものがあった。欲目で見ても、やはり「5歳児」なのかも知れない。

 最後に、各州の開票会場の報道を見ていて感じたのは、まさしく「WALKING DEAD」のワンシーンのように、ガラス窓を叩くトランプ派の人たちが、皆ゾンビに見えてしまうのである。これもまた、民度の低さを露呈するばかりで、恥知らずが多いように思えてならない。

 何はともあれ、本日、ケリは付きそうだが、諄いけれども、双方に「去り際の美学」と民度高きところをお見せいただければと・・・。

▼過去の関連記事
<民主主義に疑問符・・・爺さんたちの諍いか!?>
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1604415600Link


D85_1400


D85_1396



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/7 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp