ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 青鷺

澄み切った湧水池「八景水谷公園」にて・・・

springwater2021-001


 本日は早めに、午後2時には八景水谷公園に到着した。ランチはパン類とし、ビターなコーヒーを飲み干して、遊水池へ!陽射しが心地よく、とても暖かい。しかし、木陰にて撮影していると、背中がゾクゾクと寒くなってくる。

 遊水池は、野鳥たちのパラダイス。カルガモやヒドリガモ、そしてカイツブリが水面にプカプカと浮いている。時折、散歩中の家族が食パンなのか、餌を撒いているようで、ヒドリガモなどは一気に飛び込んでくる。

 そんなに腹が減っているのか、満腹中枢が壊れているのか分からないが、カメラを持ち歩いていると、向こう岸からじわじわと寄ってくる。同園は野鳥の餌がふんだんにあるので、野鳥に餌を撒くのは如何なものかと思いつつ、一所懸命餌を撒く人を見て、笑ってしまった。

 自分のペットへフィーディングするのと同じく、優しい気持ちで撒いているのか、孫が喜ぶから撒いているのか。野生動物の生態系を考えれば、災害などで餌が枯渇状態であれば問題はなかろうけれども、また、湧水池の水質汚染に繋がらぬことを祈りながら・・・。


springwater2021-002


springwater2021-003


springwater2021-004


springwater2021-005


▼雀さんだけは水浴びは遠慮していたようだ
springwater2021-006


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/23 12:00 am

サザンカの花、乱舞。

CAMELLIA-2021-001


 裏庭にあるサザンカを見ると、一気に花が開いている。よって、八景水谷公園のサザンかも開いたかと思い、昨日、撮影に足を運んだ。

 先日までポツリポツリだったサザンカが、和製クリスマスツリーの様に、真っ赤なサザンカの花のリボンが鈴なりとなり、乱舞状態であった。

 こんな時に欲しいのがマクロレンズである。先日は持参していたが、今日に限って忘れているのが辛い。しかし、撮りまくることに。

 花一輪を撮るのは結構容易いものだが、全体的に咲き乱れている花々を撮り切るのは、距離の問題、花のつき方、咲き方や流れに迷いが生じる。

 後は、レンズが明るければ美しいボケを加えたり、色んな手法を試したくもなるのであるが、中途半端なレンズでの撮影にストレスが溜まった。

 その後、湧水池のカイツブリや鴨を撮りに行ったけれども、600mmも持参していない。よって、大河に浮かぶ木の葉のような写真を撮って帰途についた。


CAMELLIA-2021-002


CAMELLIA-2021-003


CAMELLIA-2021-004


CAMELLIA-2021-005


CAMELLIA-2021-006


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp