ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 証拠隠滅

肝っ玉小さく、姑息な輩ほど、重箱の隅を突つく。それが上司となれば、部下は不幸のどん底ど真ん中。

pen


 企業には、いろんな人種が生息している。それは、アジア系やヨーロッパ系とかという人種ではなく、大きく分けて、善人と悪人、それに、グレーゾーンの彌次郎兵衛(ヤジロベエ)などの人種を言う。

 ここで、部下と上司について検証してみると、会社には必ずと言って良いほど、重箱の隅を突つくような姑息な悪得上司が生息している。よって、その部下たちは、日々、輩からの嫌がらせなり、恫喝なりに遭遇し、仕事以外でエネルギーを消耗している。

 ところが、姑息な悪徳上司は、職位を盾に、難癖をつけたり、無理難題を押し付けたり、最高のデザートの如く、ルーチンワークとして楽しんでいる。自分のストレス解消も併せてか、罪悪感もなくエスカレートして行く。

 耳を疑うような罵詈雑言を撒き散らす、悪徳上司。部下の困り果てた顔を見て、内心薄ら笑いしている。上下関係をいいことに、弱り果てた部下を見ては、次のまた次の奇策を練っている、大馬鹿者。

 元々、器が小さく、無能で、上手い具合に自分(悪得上司)より上位の者を懐柔策にて騙しては、ターゲットとしている部下を晒し者にして、職場の撹乱を楽しむ悪得上司。学校で「いじめ」による事件事故が絶えないが、全くそれと変わらぬ蛮行を、大の大人が遣っている訳だ。

 悪得上司の手口は、以下の通り。

1)虚偽情報を吹聴し、ターゲットとした部下を痛ぶる。
2)反抗できない部下を、ルーチンワークのデザートに。
3)己に都合が悪いことは、部下に全て丸投げ、知らぬ顔。
4)部下の手柄を自分のものとして奪い取る。
5)部下の失態は徹底叱責、己の正当性のみを主張する。
6)己が不利になると、上位役員へ虚偽情報を注入する。
7)己の手を汚さず、気弱な部下を操り、責任転嫁に走る。
8)外面(そとづら)よろしく、内面(うちづら)はゾンビ。
9)部署に頂いた贈答品を、独り占めする。
10)部下を差し置いて、公休日を先取りする。

 書き綴ればキリはないが、読者の皆さんの職場には、上記に当てはまるような、超おバカな悪得上司がいませんか!?

 悪得上司は、育ちは悪い。躾も悪く、底意地悪く、唯我独尊にて自分大好き人間が多い。協調性など皆無となり、己が気に入らなければ、徹底邪魔して潰すという、邪気から生まれた人間もどきである。

 職位とは、社内を統制するための単なる名札であるが、それは、人格とは全く関係がない。処世術に長けた大馬鹿ものが悪徳上司として暗躍するのは、無能なる人間だからこそであり、虚栄を張って、実態を誤魔化しているだけの話。

 過去において、上述のよう悪得上司の典型的な人間と、何度か接点を持つことがあったが、理路整然と正論を突きつけると、悪徳上司と言われている人間もどきは急に硬直して、手をグーパーするだけで、絶句の状態。

 或る日、直接話をした人間は、完璧無能だった。こちらが懇切丁寧に説明しても、「脅迫するんですか?」と眼球が飛び出すかのように、固まった。脛に傷がなければ、ビクビクせずに、堂々と対応すれば良いものを。

 部下には、投げ槍な物言いをするのに、自分がターゲットにされたと勘違いすると、体全体が固まり、思考回路が止まってしまう。その程度の小さな器なのに、弱い者虐めだけは得手なご様子。

 年齢も50を過ぎて、周囲の部下からは敬愛の念を持たれ、先輩として信頼されるのが、立派な上司と言える。それに反して、悪得上司は、人格欠損、手前味噌、隠蔽、虚言、虚栄、恫喝に包まれていないと、職場では息ができないに違いない。

 人間的に大きく、面倒見の良い上司は、常に平身低頭にて、部下の相談事や意見を聞いてくれるものだ。更に、部下の難題を、少しでも早く解決できるよう、水面下でもサポートしてくれる。更に素晴らしいのは、最後にその上司が全責任を取り、体を張って部下を庇うのである。

 筆者が知る限りではあるが、他社の管理職にも、上述のようなミスター醜態とニックネームを付けたいほどの悪得上司が数人いる。面白いことに、筆者が足を運べば、その悪徳上司は絶対に顔を見せず、オフィスのどこかに隠れるか、外出を装っている。

 よって、筆者が帰れば、啓蟄の如く、虫が湧き出るように、あちこちの通路から出てくるのである。霧隠才蔵のような忍者の「隠遁の術」を使う必要はなかろうと、これまた苦笑してしまう。

 中でも、盗撮を趣味とする超ボンクラ悪徳上司が存在する。数年前から気づいているが、カーテンの裏から、壁の横から、広角打法にてターゲットの部下の挙動を、写真や動画に収めている。はっきり申し上げて、れっきとした犯罪である。さっさと、現行犯逮捕すべき、超ボンクラ加減。

※「現行犯」は、明治時代、熊本県初の内閣総理大臣となった清浦奎吾氏が造った用語である。

 これを放置している会社も会社だが、正統派の役員がいるのならば、犯罪を事前に阻止しなければならない。しかし、日々犯罪を繰り返す人間もどきが、コンプラアンス委員会のトップと言うのだから、あり得ない。社員が意見する目安箱が、自己防御のためフィルタリング・ツールであり、その鍵はその犯罪人だけが保管している。(本人から聞いたので事実である)

 現代において、パワハラやセクハラなどの事件事故が多発し、刑事処罰を受けている人間が沢山いるにも関わらず、煽り運転にしても然りだが、己の蛮行を犯罪であるという認識がないところが、怖いところだ。

 数年前に「それは、犯罪だよ!」と、その人間もどきに、強烈に口頭でもメールでも指摘したことがあった。それから、数ヶ月間は大人しくしていたようだが、近頃、どうも虫が湧いてきているようで、パワハラやセクハラの再犯の兆候が窺える。

 これから先も、延々と犯罪(親告罪)が続くようであれば、皆が勇気を持って、法的措置を講じるが賢明であり、世のため人のためになりはしないか。万が一、過去において前科があるのならば、尚更のことである。


onigiriman


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/28 12:00 am

人が育たねば、企業は滅ぶ。育てる人がいなければ、人は育たぬ。人が育たぬは、経営側の責任。その重責を果たせぬ経営側は、総辞職すべし。

pen


 某企業では、ロシアの独裁者のような手法で、日々、スタッフに圧力を掛けるパワハラ社長が存在している。「言うは易し行うは難し」の言葉通り、職位を鉾&盾に恫喝するのは誰にでも出来ること。近頃は、きな臭さが再び広がりつつあるように見えて、非常に危険な状態のようである。

 これは、数年前から何かと重大事件を引き起こす雇われ社長の蛮行実話。その資質が変わることはないので、当然の成り行きであるが、周囲からの信任はなく、思考的にかなり偏りのある人物である訳だ。

 数年前に相談を受けた時に、すこぶる違和感を持ったことがあった。それは、その人物が「情報共有」を馬鹿の一つ覚えのように騒ぎまくり、毎日何十通も恫喝メール(赤文字を多用)を全社員に送り付け、気に入らない数人の中間管理職を晒し者にするという、非道なる手口(パワハラ)だった。

 当時、その人物を直接叱責したり、メールで刑事罰となる可能性を危惧する旨を送ったこともあった。しかし、「もし、刑事罰を受けなければならないとなれば、堂々と受けます。」と、全身震わせながら語っていたことを思い出す。それが、如何にも他人事のような返答だったので、閉口してしまった。

 と言うことは、自分自身の言動が不適切であることを理解しつつ、日々、蛮行を続けているはずもはなく、どうも合点が行かなかった。もしかすると、その人物は理性的な自己制御パーツが脳内から外れ、機能不全に陥っているのではないかと・・・。

 所謂、発達障害的な何者かが、その人物の中で暴れているのかも知れない。当時、危惧の念が爆発しそうになったので、他県にいる精神科医や産業カウンセラーの二人に、その人物の日頃の挙動を正確に列記したメールを送った。勿論、個人情報は伏せている。

 驚いたことに、精神科医も産業カウンセラーも同じ病名を送り返してきたのである。8つの項目に全てが当てはまる、「演技性人格障害」というものだ。女性に多いと聞いてはいたが、男性にもこの種の精神障害があるのかと、二人の回答メールに驚きの色を隠しきれなかった。

 戦慄が脳裏を走る。理性的に自己制御できない人間が、いくら仕事であるとしても、これはプライベート、それはオフィシャルと区分けする訳には行かない。今後、更に制御不能となった瞬間に、想定外の重大事件を起こす可能性がないとは言えない。

 しかし、数年前から相変わらず、恫喝的なプレッシャーを好む手口にて、日々社長業に就いている。この真相を知らぬ、その他役員やスタッフは我関せずで、日頃の蛮行に馴れてしまい、「変わった人だ」程度で済ませているに違いない。

 以上を考えれば考えるほど、鳥肌ものとなる。このまま放置していて良いのか否か。本来ならば、その会社内に、公正中立且つ見識高き目付け役が居なければならない。しかし、見渡す限り、残念ながら、ただ一人でさえも存在しない。虚言癖と隠蔽工作大好き人間ばかりのようだ。

 下手すると、会社に深刻な問題が生じた時に、その病に苛まれているパワハラ社長に全責任を覆い被せて「さようなら!」、と言う道筋を作っている可能性も無きにしも非ず。それでは、現在苦しんでいるスタッフを助ける術がなくなってしまうではないか。

 いやはや、昔からなかなか人が育たぬ会社だと思っていたが、人を育てる環境も指導者もないのだから、誰も育たつはずがない。育たぬから、このような非常事態となっても、役員側に危機感はなく、呑気なイメージしか伝わって来ないのだろうと。実に情けない話である。

 重要なことは、今が、社外取締役や株主が一丸となって、正義正論を貫き、腐れ切った、狂い切った現状改善のために、大々的にメスを入れる時ではないかと言うことだ。

 いつまでも陰口叩いて静観している暇はない、コロナ禍とウクライナ危機の時期だからこそ、全スタッフ及びその家族のために、狂った人物やそれに加担する輩たちの蛮行を、早期に食い止める必要がありはしないか。

▼八景水谷公園の湧水(熊本市上水第一号)
20220706hakenomiya


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp