ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 言葉の綾は自滅を誘引する

自然体は最強の武器・・・

JOSUI


 誰だって、一日中物事が思うように進まないことがある。誰だって、苦手と思うと、更に苦手なものが目の前に被さってくることもある。誰だって、思いとは真逆のベクトルへと導かれることがある。そこで凹むか否かで、潮目が変わったり変わらなかったり・・・。

 いつまでも過去に対して頭を悩ましていると、次へのステップどころか、振り出しに戻されてしまう。クヨクヨする人が多いが、そのような人は、何か物事が上手く行かねば、自ら次から次へと負のスパイラルを呼び込み、更にクヨクヨして、結局は繭の中に閉じ籠る。

 このようにしたら人から好かれるだろうかとか、こんな具合に話を持ち込めば相手は喜ぶだろうかとか、事前に浅知恵を振り絞って演出したとしても、何も良い答えは返ってこない。自分の体裁ばかりに気を取られ、本来進むべき道から逸れ、必ずボロが出てしまう。

 若き社会人の相談事に対して、常に「自然体」を諭す。あれこれ演出過多となっても、何も得るものもなく、ただ、赤恥をかくばかり。自身のカラーをしっかりと伝えるには、「自然体」が最良の策である。それで相手と噛み合わねば、即完結!それは、それで良い。

 あれこれ枝葉末節をグダグダ語り、遣ってる感を演出したとしても、時間の無駄である。結局、それらの愚策は不自然と看做され、即完結ばかりか、自身の信用の失墜をもたらし、捌けぬ人間、ええ格好し〜の人間、面倒臭い人と、嘲笑されるのがオチとなる。

 また、優しさを「切り札」と取り違え、実践する浅はかな人間もいる。優しさを演出すれば善人風に見られ、物事が上手く行くと考えるからだ。それは偽善者にほかならず、信用のおけない人種として葬り去られる。優しさには必ず厳しさがあってこそなのだが。

 義理堅い人物についても、表面的で損得勘定ありきの義理堅さでは、本末転倒。義理堅さとは、わざわざ言動を伴う必要はない。常日頃からお世話になっている方へは、仰々しく美辞麗句を並べずとも、毎日、お世話になっている人を思い起こし、感謝の念を持ち続けることが肝要だ。

 そうしている中で、自身が大切にしている方々への恩返しが可能な時に、それも生きている内にしっかりと恩返しをしなければならない。一度でも助けられたら、助けて頂いた方が困っている時に、お役に立つことである。それは、死んでも忘れてはならぬ「恩義」なのだから。

 何はともあれ、一つの問題を解決するのに、複雑に綾取りのような動きをしないこと。「自然体」を貫き、意に反する結果にバタつかず、即座にベクトルを変え、修正に努めれば、善いものが転がり込んでくるというもの。それも、慌てず急がず「冷静沈着」に、である。

 末筆ながら、前職時代の先輩のA氏の話をしておきたい。公私共に大変世話になり、先輩後輩の関係というよりも、幼友達のような信頼関係にあった。ある日、筆者の体調が急変し苦しんでいた時に、仕事を放り出して、一所懸命介抱してくれたのである。

 しかし、残念なことに恩返しができないまま、その先輩は若くして無言のままこの世を去った。先輩のウィッツに富んだトークと笑顔。厳しくも優しく、常に「自然体」の先輩だった。筆者がこの世を去っても、決して忘れることはない。「我が人生の恩人」として・・・。


▼孔子公園のヒョウモンチョウと花々
koushi-p-001


koushi-p-002


koushi-p-003


koushi-p-004



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp