ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 親友

21年ぶりの再会

D60_7831


 昨日、21年ぶりに幼馴染み(筆者より年上)との再会があった。筆者が2歳の頃からずっと一緒で、近所では、実の兄弟よりも兄弟のようだと言われるほど、とても仲が良かった。その彼がカナダから帰った翌日に、筆者の個展会場へご夫人と一緒に足を運んでくれた。

 昔を思い起こせば・・・彼が先に保育園へ入園すると、昼間遊べないと思い、筆者も両親に無理を言って、3歳4ヶ月で幼稚園へ入園した。ただ、彼が通い始めた保育園を聞かずして、別の幼稚園を訪ね、そのまま入園したというオチがある。

 たまたま、双方の父親が同じ旧制中学出身で、彼の家は教育一家。筆者の家は法律一家と、双方とも少々固めの家庭ではあったが、二人の遊びぶりは群を抜いていたと思う。毎日、ドイツの急降下爆撃機ユンカースのように、あちこちを激しく飛び回っていた。
 
 山鹿小学校時代の話。彼を中心として「荒鷲部隊」が結成された。当時流行っていた「忍者部隊 月光」に影響を受けたのか、十数人の暴れん坊が集まり、市街地から野山を駆け巡り、日曜日なんぞ、各隊員の度胸試しが慣例となり、木々を猿のように上ったり、ミッションが下れば「物」を見つけに行ったりと、とてもアクティブで面白い部隊だった。

 筆者は彼よりも年下なので、勿論、他の隊員も皆年上ばかり。よって、2歳年の差以上に、体格の差は歴然としていた。相撲大会があれば、図体が大きな年上の隊員の懐に潜り込んで、絶対に負けない戦法で、勝率を上げて行った。お陰で、腕力も強くなり、転勤族だった小生が、小中高で各2校ずつの転校を経験する中、転校先でトラブルや虐めがあっても、決して凹むことなく、全て殲滅して行った。

 教育一家の彼は、自然の流れとして教師の道を選び、学校長にまで登りつめた。筆者は転勤のある職が嫌で、法律家(国家公務員)を諦め、新聞社の道を選んだ。社会人となって、何度か電話で連絡を取ってはいたが、双方忙しく、再会のタイミングを逸していた。そうしている内に、十数年が経ち、筆者の母が他界した葬儀の時に、彼が筆者の目の前に立っていたのである。「親ちゃんのお母さんのカレーが旨かったバイ!」と肩を叩いてくれた。

 それから21年後の昨日、久しぶりの再会となり、幼い頃の大雪の話や、当時の幼馴染みの現在を話してくれた。実は、実兄との確執があり、公私ともに、我が故郷へ足を向けることを止めていた時期があった。気づけば、二十数年経過したが、今回、親しい知人の勧めで個展を故郷で開くことになり、今回の彼との再会に繋がったのだろうと。

 転勤族は、学校の同級生と言っても、その学校にフルに通った訳ではないので、なかなか親友らしき親友ができない。勿論、中学時代のY君(東大医学部)とは今でも連絡が取れる環境だが、その他は、ほとんど連絡が取れない。今回、再会を果たした彼には、包み隠すこともなく何でも話ができ、また、彼も全てに正解を与えてくれる人なので、今の筆者が在るのは、彼のお陰なのである。

 今回の個展の成果として、自らの写真の「心」が如何程のものか、確と検証ができた。それよりも、彼との再会が、ずっと人生の宝物として心に刻み込まれたような気がしてならない。この場を借りて、感謝申し上げたい。今までの不義理を許してくれるかどうか分からないけれども、互いの信頼関係をこれからも続けて行ければと・・・。


D60_7823


D60_7829


▼本日のランチ・・・熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏
KOTEN2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/27 01:29 am

30年ぶりの再会・・・

800_9529


 昨日は、朝からジワジワと心が癒され、満たされるような情報が入りっ放しで、舞い上がっていた自分が居た。

 某ホテルからは「天草黒牛」を本格的に取り扱うかの検討段階に入り、認定店の申請の準備をしているような話が舞い込んできたり、ずっと音信不通になりかかっていた「朋」より元気なメールが飛び込んで来たり、更には、30年ぶりとなる再会を熊本ホテルキャッスルでやろうと・・・一日、昼寝をする暇がないほど、慌ただしかった。

 外は雨。午後7時の約束で、オフィスを車で出たのが午後6時35分だった。いつもなら15分も掛からぬが、段々と車が数珠繋がりとなり、結局、約束の5分遅れで同ホテル玄関特別駐車場に到着した。

 待っていたのは、30年ぶりの再会である人物。ホテル玄関の大きな二枚扉がスライドして開くと、すぐ右側に立って待っててくれた。ベルボーイさんが案内してくれているとばかり思っていたが、遠慮して、そこに立っていたのだろうと。

 ちなみに、再会の切っ掛けは、私がFacebook上にアップした写真を見て、その人物が「あ!」と一瞬にして思い出したそうである。30年前と比較すると、18キロほど太っているので、容姿が変貌しているけれども、写真の雰囲気と、私の名前「親生(ちかお)」が印象強かったらしく、本人だとすぐ分かったと言う。

 30年前のことなど忘れてそうだが、私は結構その辺の記憶力が良いので、どんな場所で、どのような会話をして、何を食べたか、その人物の笑顔などが、すっと頭に浮かんでくるのだった。それより、もっとその人物の方が、しっかりと覚えていたことも多々あり、昔話は尽きず、気付けば、同ホテルレストランの閉店時間となってしまった。

 あっと言う間の2時間半。名残惜しかったが、大変心の温まる一日の終わりであった。


▼牛タンシチュー
800_9881


▼サラダ
800_9870


▼帰宅前に撮影した熊本市北部の夜景
800_9937



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/11 01:34 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp