ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本市動植物園

熊本市動植物園を支えよう!

D85_1000


 熊本市動植物園にて、「Obscura Photo Club」の撮影会を急遽開催。昨日の午後2時に現地集合・現地解散で、数人が参加した。ほとんどの会員は「Nikon党」であり、各々が自慢のカメラとレンズをぶら下げて、「自由課題」にて広大な敷地に散って行った。ウィークデイであるが、同園の駐車場には大型バスが数台並び、想定外に多くの子供連れのファミリー、幼稚園の遠足などで、久しぶりに賑わっていた。

 実は、同園は2016年の熊本地震で被災し、多くの動物たちを他県の動物園に避難させざるを得ないほどの危機的状況に陥った。よって、同園の財政は悪化の途を辿り、施設維持管理に四苦八苦の状態であろうと。コロナ禍の中、江津湖に面した広大な敷地の同園は、子供たちにとっては天国である。その天国を、次の世代、更に次の世代へ受け継いで頂ければと願うばかり。

 熊本県の観光資源である熊本城の復興も、都市構想も勿論重要な事業ではあるが、同園には生きた動物たちが沢山いる訳だ。今の劣悪な環境下で、果たして動物たちは快適なのだろうか!?老朽化した各施設の横を通る度に、動物たちの日々の生活が心地良いとは思えない。野生動物をコンクリートやフェンスで囲うのだから、「不自然で、彼らが不快であっても仕方はない!」と言われればそれまでだが。

 ただ、多くの子供達に夢や希望、感動、喜びを与え、生命の尊厳を学べる動植物園は、大変貴重な公的施設の一つであるに違いない。最近、大人の入園料が500円にアップしている。園内の動物や植物のレベルや希少価値を考えれば、決して安いとは言えない料金体系となっている。多分に、動物たちの餌代や施設の維持管理費の予算が不足しているのだろうと・・・。

 よって、同園の維持管理のために、早期に秘策を打つ必要があるが、常に後手後手の状態である。県内の優良企業の中でも、余裕のある所は沢山あるはずなので、それら企業が積極的に「寄付」を行えば、各施設の拡充が加速するに違いない。そうなれば、県外から訪れる観光客も急増する。勿論、先般の記事でも取り上げた通り、衛生面を徹底した「旨いレストラン」と「休憩場所」、更に「美しいトイレ」、「安心安全で楽しい遊具」の施設だけは、最高レベルに引き上げることが必須となる。

 熊本市動植物園を皆で支えよう。

▼Obscura Photo Club(Facebookグループ)
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link


D85_0973


D85_1009


D85_0915


D85_0861


D85_0960


▼そろそろコスモスも終わりに・・・
D85_0869


D85_0872


D85_0873


D85_0894


D85_0903


D85_0902



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/30 12:00 am

ヤンチャなペンギンの子供・・・

D85_9771



 ウィークデイならば人は少なかろうと、久しぶりの熊本市動植物園へ足を運び入れた。しかし、思ったよりも駐車場の車は多い。同園玄関にて検温を済ませ、入園日時、氏名、連絡先、健康状態を書いて、園内へ。

 本日の取材で撮りまくったのは、フンボルトペンギンだった。いつもならばコンクリート小屋近くをウロウロしているペンギンたちだが、今日はプールで泳ぐ姿があり、最適な取材環境であった。

 特に、親子と見られるフンボルトペンギンの子供の表情が面白い。口を大きく開けて、多分、餌を強請っているのだろうと。しかし、横にいる親ペンギンは斜に構えて、嫌々ながらに対応しているご様子。

 子供ペンギンは、何度も何度も口を大きく開けて、親に甘えている。挙句の果てには、親ペンギンの背中や横腹を突く子供ペンギン。図体は大きいのに、まだ、自分は乳飲み子と思っているのかも知れない。

 暫く見ていると、人もペンギンも同じに見えてくる。親離れできない子供、子離れできない親がいるのは、人間社会も同じことである。

 一人前に育っているにも関わらず、ここ一番の時に、親を依存する子供もの様な大人が多い。また、逆に、子供が社会人となっているのに、いつまでも子供にベタベタと世話する親もいる。だから、独り立ちが遅くなる。

 ペンギンを間近に観察しながら撮影したのは初めてのこと。鳥だが水中の動きはイルカの様に俊敏である。しかし、地上では、肥満体の狸の様にボーッと突っ立っていたり、セイウチの様に寝ているペンギンもいる。

 今頃になって、動物園の動物たちを撮影するのが、とても面白いことに気づかされた。されど、同園は老朽化に加え、熊本地震で被災しており、とても、「見せて楽しませる動物園」としての余裕ある演出なり工夫はない。

 ガラスも汚れ曇り、錆びた金網で囲われた中など覗ける状態ではない。ただ、動物たちに餌をフィードしているだけの施設になっている。動物たちは悲しい顔をしており、ストレスでイライラしている象やライオンは吠えている。

 展示スペースの区割りも、全く動線を考えておらず、昭和の古びたコンセプトによるもの。遊具スペースも充実しているとは言えず、レストランや植物園などの整備もギリギリの状態にて、まったりと過ごせる動植物園ではない。

 県内外からの観光客の目を奪うには、美しく磨き上げられたトイレは必須。しかし、古き昭和のレベルで止まっている。よって、安心して子供たちをトイレに行かせ、手を洗える環境でないところが非常に残念でたまらない。

 今のコロナ禍の時代、同園の様な公共施設、ホテル、レストランなど、多くの人々が集まる施設全てに言えることだが、安心して利用できる美しく衛生管理が行き届いたトイレや食事処がなければ、集客が伸びるはずがない。入園料を上げるのならば、尚更である。

 結果的に、予算がどんどんと削られて行き、維持管理費が不足して負のスパイラルに陥るのが関の山となる。よって、早期に秘策を講じることがなければ、同園の存続も大変厳しい時代になりはしないかと、危惧するばかりとなる。

D85_9731


D85_9888


D85_9865


D85_9904



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/8 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp