ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 料理

遊び心が注がれて、料理は生きてくる!

horibe1


 一昨日、ランチタイム終了間際に、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)へ足を運び入れた。

 土曜日なので、ランチを楽しむ人たちが多く残っていたが、距離は勿論ソーシャル・ディスタンス。普通のレストランと比べれば、ホテルレストランの天井は高く広く、三密は避けられるので安心だ。

 厨房を覗くと、セカンドが陣頭指揮を取っているので、マネージャーに「今日は、セカンドに遊んでもらって!」と伝え、完全お任せとし、出てくる料理を待っていた。パンもご飯も何も伝えていない。

 先ずは、サラダ。多分に若手シェフの「O君」の盛り付けのように見える。彼は体格は良いが、作品は繊細でアーティスティック。メインの魚料理は、金目鯛、車海老、貝柱と、高級食材の可愛い盛り付け。

 朝食を抜いて、午後2時半を回っていたので、食事前から胃袋はグルグルとなっていた。メインが出た時点で、マネージャーへ「デザートと珈琲を!」と追加して、食事をゆっくりと楽しませて頂いた。

 コンソメスープは、60年の歴史と伝統を誇る同ホテルのクラシックタイプのデミタス。美しく透き通る琥珀色で、香りも立ち、艶のあるスープだ。これは、欲張って何杯頂いても良いほどとなる。

 メインの盛り付けは、女性向けのように上品なもの。金目鯛の脂のノリは今ひとつ。車海老は、言わずもがな。貝柱は、あと3個ほど食べたかった。ただ、小粒トマトの甘みは際立っていた。

 焼き立てのアップルパイがあると言うので、それをベースにデザートを作ってもらった。お味の程は、マネージャーと話をしていたので、正直なところ、一つ一つを食べた記憶が無い。

 ホットコーヒーで最後の〆に。

 普段、取材ランチで利用させていただく同レストラン。グランドメニューからランチメニューは全て食しているので、今回のように、「遊び」で作ってもらった料理は、実に新鮮で美味だった。

 現代フレンチの祖と言われる、リッツのオーギュスト・エスコフィエが「料理は音楽だ♪」と言うように、シェフの遊び心が注がれて、料理は一層生き生きとしてくるものだ。

 敢えてサジェスションするとなれば、魚料理の器とスープは、もう少し研究した方が良い。器の中でナイフが使えるのか否か、魚介とスープの馴染みがあるか否かなど、もう一工夫あれば完成度が高くなる。

 勿論、ランチタイム終了間際に駆け込み、「遊んでもらって!」と勝手放題に注文しているので、本来ならば、何も言える立場ではない訳だ。大変、申し訳ない。ご馳走様でした。


horibe2


horibe3


horibe4


horibe5


horibe6



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/28 12:00 am

今週限定のシェフランチに注目!

▼今週限定のシェフランチ(クリスマスバージョン)

christmas1


 そろそろクリスマス。殆どの日本人は仏教徒ではあるが、クリスマスは、子供たちにとって、日頃からの夢ゲットの特別な日であり、両親がこっそりとサンタになる日でもある。当時を想い起すと、ベッドでなかなか寝付けず、目を開いて、暗い部屋の天井を仰いでいた。

 今週は、そのクリスマス・ウィークとして、ダイニングキッチン九曜杏(熊本ホテルキャッスル)では、シェフランチで弾けそうに丸々としたチキンのモモ肉がお皿にのってきた。昔は、こんなに柔らかくジューシーな肉質ではなかったので、この柔らかなチキンは3皿ほどイケそうだ。

 最近の同店ランチメニューは2週間毎に替わっている。よって、今週からパスタランチも同様に様変わり。替わらぬのは、グランドメニューとカレーランチ、そして和食ランチである。常連客には定番のランチメニューだが、近頃は、専門店並に赤牛のハンバーグの注文が殺到している。

 既に、赤牛のハンバーグは5食ほど食べたことになるけれども、これは絶品!現在、同店へサジェスションしているのは、ドミグラスソースの他に、和風ニンニク醤油ベースのソース開発。ソースでハンバーグは七変化するので、「是非、ニンニク醤油のソースを!」と、此処で囁いておこう。

 全国的に新型コロナウイルス感染が拡大する中、どうしても外食は控え気味となってしまう。しかし、店と客が、双方にしっかりとルールを守り、他人に迷惑を掛けぬよう、大口開けての大声会話やクシャミやセキを止め、心地良いソーシャル・ディスタンスを維持できれば、拡大は防げる。

 先日も、某レストランでは、若い女性たちが甲高い声を上げて喋りまくっている。振り向けば、マスクを着用していない。危機感がないと言うか、周囲への配慮も無いのだから、その稚拙さに呆れるばかりとなった。更に、話す内容は「他人の揶揄」。「噂話は小声で語れ!」と物申したい。

 高齢者の男性(常連客)4人組も、ホール中央にて、若者に負けじと、マスクなしでワイワイ話している。高齢者にとっては地獄のような新型コロナウイルス感染。これは、上述の若き女性以上にタチが悪い。支払いを済ませ、玄関から外へ出て行く時に、マスクをする高齢者。すこぶる滑稽である。


▼パスタランチ
castle-pasta1


▼パスタランチ(ハーフ)のサラダ ※お得
half


▼定番のカレーライス(ビーフ)
castle-cu


▼今人気の赤牛のハンバーグ
castle-h



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/23 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp