ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 接写

ニャン撮り、成功!

CAT1


 猫さまは世界的に人気のペット?だが、取材中に、写真のような猫さまに遭遇することがよくある。この猫さまは、とても裕福なところで餌付けされている野良猫のか、飼い猫なのか分からないが、膨よかにて毛並みも良い。人馴れしているので、マクロレンズをぐっと近づけても、警戒する様子もない。よって、ニャン撮り成功である。

 ワンちゃんは飼ったことはあるが、猫さまは一度もない。爪研ぎして家具などを痛めることもあろうかと、心配が先に立つ。「犬は人に付き、猫は家に付く」(犬は家人に懐き、引っ越してもついて行くが、猫は人よりも建物や場所に馴染む。)と言われるが、どちらも表情や動きを見ているだけで面白く、とても可愛い存在である。

 人も猫タイプ、犬タイプに分かれると言う人がいる。どちらかと言えば、犬タイプの人を信じてしまう。方や、猫タイプの女性は苦手だ。夜の巷にて、猫タイプに騙される快感を期待する男性も多いとか。怖い話も、ワンちゃんが主人公の話は皆無に等しく、猫さまの話は沢山存在する。しかし、元々可愛いのだから、化けて出ぬように願いたい。


CAT2


CAT3


CAT4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/24 02:45 am

最近の写真集・・・

▼芝居小屋 八千代座(NIKON D800)

800_0482


 最近撮影した写真をランダムに選び、アップしてみることにした。撮影したカメラは、NIKON D600、D800、そしてDfである。それぞれに特徴のあるフルサイズカメラではある訳だが、今まで自分が思ったように撮れたものは、残念ながら一つも無い。カメラとレンズの組み合わせで、それ以上に表情が異なってくるので、何一つ同じものが無い。

 不思議なもので、1枚の写真を見ていると、その時の天候や撮影に携わってくれた方々、そして料理の匂いなど、様々なことが思い出される。私は、どちらかと言えば、景色や料理写真よりも、ポートレートが一番の好み。人の一瞬間の真剣な表情を切り撮ると、その満足感は想像以上に大きく、特に、迫力ある職人の姿や美女をより美女に写した時など、アドレナリンが急増し、「どうだ!?」と言葉を発してしまうのだ。

 現在、まだ梅雨の時期であるので、雨の情景を切り撮りたいとイライラしている毎日だが、カメラもレンズも濡れるのを覚悟して、人や建物が路面に映り込むような、しっとりした柔らかい写真を撮りたいと・・・。この世を去るまで光と影を求めて、これからもシャッターを押しまくれたら本望だと、自分に言い聞かせている今日この頃でもある。

 
▼松島観光ホテル岬亭(NIKON Df)
DF1_5232


▼ステーキハウス淀川(NIKON D600)
D60_0838


▼熊本ホテルキャッスル(NIKON D600)
D60_1038


▼ドラゴンキッチン(NIKON D600)
D60_1135


▼MINI KUMAMOTO(NIKON D600)
D60_1504


▼JUST DRINK WINE(NIKON D600)
D60_1622


▼MIDNIGHT DINNER(NIKON Df)
DF1_5315


▼熊本ホテルキャッスル(NIKON Df)
DF1_5347


▼水前寺東濱屋(NIKON Df)
DF1_5475


▼熊本ホテルキャッスル(NIKON Df)
DF1_5426


▼Flowers(NIKON D600)
D60_0484


▼Rose(NIKON D800)
800_0230



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/14 02:14 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp