ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 戌亥櫓

熊本ホテルキャッスルのレストラン再開!

NONALNUM-RDYwXzg4NTAoMSk-E


 4月27日より、被災した熊本ホテルキャッスルのレストランが再開した。再開したのは、1階ダイニングキッチン 九曜杏(和食と洋食のコラボレストラン)と、地階にある四川料理 桃花源である。

 同ホテル11階タワーの外壁には亀裂が走ったものの、外壁の安全確認が完了し、宿泊、宴会、ブライダルについては未定だが、先ずは、2箇所のレストランの再開に踏み切った。

 昭和天皇、そして、多くの皇族の方々がご利用される、県内屈指の名門シティホテルでもある。今回の震災のダメージは大きいものの、同ホテル全館復旧を待ち望むファンも多い。

 同ホテルの強みは、独自に地下水を汲み上げ、シーガルという濾過装置を使用し、美味しい飲料水を潤沢に保有していることだ。今回、レストラン部門が早期再開できたのは、その点も大きな要因となっている。よって、建物の安全確認とガス開通に伴い、被災後2週間以内で復活したことになる。

 ちなみに、取材方々、昨日は久しぶりのランチを楽しませて頂いた。ガラス張りの厨房の中はてんやわんや。2週間ぶりに活気が戻ったようで、1階レストランホールは待ちわびたカスタマーで満杯となった。

 熊本城全体が崩壊し、水前寺成趣園の自噴水が止まるなど、熊本市内観光資源の宝が傷ついており、熊本経済急落の恐れもあるが、今回の同ホテル復活のように、一人一人が大災害の爪痕に立ち向かい、早期復活を果たすことが、我々の急務となる。


▼ステーキピラフ単品1500円
D60_8866


D60_8859


D60_8860



▼熊本県菊池市隈府の「レトロ食堂」も同じく復活!料理写真は、500円。
800_0423



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。
http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/30 02:32 am

熊本城を救え!

▼在りし日の熊本城大天守
D60_4287


 熊本県民のシンボルでもあり、観光立県の要である熊本城。14日の地震で写真のようにシャチホコや瓦が壊れ、また、戌亥櫓の石垣では二カ所が崩壊した。その他、旧細川刑部邸そばの石垣や飯田丸五階櫓などの石垣も被害を受け、次から次へとボロボロに崩れていった。

 写真下は、4月15日に桜の馬場 城彩苑より撮影したもの。無残な姿を目の当たりにして、かなり凹んでしまった。

 ちなみに、本日深夜にこの記事をアップする準備をしていた矢先、突然マグニチュード7.3という、内陸部では最大級の地震が発生し、この記事をアップすることもなく、停電、断水にも見舞われ、やっとのこと、今、記事を掲載することができるようになった。

 しかし、今回の地震は「2016熊本地震」を命名されていはいるものの、本日深夜の想定外の大きな地震で、エリアも九州全域に拡大し、犠牲者がどんどん増えているのが現状。何とも言えない気持ちで、この記事をアップしなければならない。

 叶うことなら、これ以上、地震がおとなしくなって貰いたいのだが・・・。

 
▼4月15日撮影の大天守
800_9872


castle


▼在りし日の戌亥櫓
D60_0224


▼二カ所の石垣が崩れた戌亥櫓
800_9861


800_9852



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/4/16 10:28 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp