ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 戌亥櫓

ひごまる君とお姉さんにばったり。

▼ひごまる君とお姉さん

higomaru


http://higomaru.kumamoto.jpLink

 昨日は、「お決まり!」となった八景水谷の野鳥たちへのご挨拶。白鷺やヒドリガモをさっと撮影して、桜の馬場 城彩苑へと移動した。

 二の丸方面を散歩しようと坂を登っていると、熊本城のゆるキャラである・・ひごまる君とお姉さんに遭遇した。実は、そのお姉さんの母親とはずいぶん昔からの顔馴染み。当社がCGコマーシャルをガンガン制作していた頃に、メインのナレーターとして頑張ってもらった方である。

 ひごまる君とお姉さんに遭遇したのは、未申櫓の手前。観光客が記念撮影を終えた頃、ちょっとご挨拶をして、写真を撮らせてもらった。ひごまる君もサービス良く、一所懸命ポーズを取りながら、両手と片足を小刻みに動かしていた。ゆるキャラを撮影するのは初めてのことで、どこにフォーカスのピンを落とせばいいのか、一瞬悩んでしまった。(苦笑)

 二人との遭遇後に、宇土櫓前を通り、加藤神社、そして戌亥櫓を巻くように二の丸公園へ。途中途中で撮影しながら、桜の馬場 城彩苑に戻って行った。気づけば午後5時近くになっていたので、撮影した写真を車内で一度確認をして、帰途についたのだった。


▼ランチ前に立ち寄った八景水谷公園の野鳥たち
1


▼ひごまる君とお姉さんに遭遇後に撮影した熊本城
3


▼取材風景
nishida



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/18 12:21 am

熊本城1キロ散策コース

kumamotocastle


 昨年末までは、車で移動して、各所の駐車場から徒歩で、須戸口門や戌亥櫓側、頬当御門、申羊櫓(不開門は工事中)などから、大天守、小天守、宇土櫓を目指して撮影を行った。

 各門からは、最初から石段が高く、足腰が弱い人には、少々辛いものがある。しかし、本日は、ランチ後の腹ごなし程度に、熊本ホテルキャッスルからフラットな1キロ程度の徒歩コースを設定してみた。

 同ホテル玄関を出て、熊本市役所方面へ左折。長塀の対面にある歩道を進み、崇城大学市民ホール近くにある加藤清正像を仰ぎ、それから、備前堀手前の櫨方門から城内に入り、長塀の内側を舐めるように進み、左手に大天守を遠景に眺めながら更に進み、須戸口門へ出て帰るフラットコースである。

 今まで同ホテルから桜の馬場 城彩苑や旧細川刑部邸、二の丸公園の各駐車場まで、車での移動を当然のように思っていたが、それが大きな間違い勘違いであったことに気づいたのが、今回のフラットコースの設定にあった。

 取材から戻り、熊本城周辺地図を見ながら、歩んだコースを計測すると、片道500メートル少々。寒さもあるけれども、汗もかかずの帰還に、歩き足りなささえ感じるほど、楽々コースがあったのだ。

 今までの急勾配があまりにもキツかったせいもあるが、これなら、散歩方々、市民ホールや桜の馬場 城彩苑のレストランでランチを楽しみに、往復余裕で歩けるのが、想定外に嬉しい発見でもあった。

▼今回は、NIKON D800+28mm f2.0で取材。
nishida


▼熊本ホテルキャッスル 九曜杏の「牡蠣フライランチ」(珈琲、デザート付きで1300円)
lunch



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/7 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp