ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 復旧

熊本ホテルキャッスルが再起宣言!

D60_0172


 5月18日、熊本ホテルキャッスルが再起宣言!

 激震の後、4月18日、4月22日と、同ホテルの被害状況を取材に行き、55年の歴史と伝統を誇る、熊本の顔的な存在である同ホテルの悲惨な姿を見て、愕然としてしまった。

 しかし、数日前に被害箇所の調査が終了し、被害状況は外壁と客室の一部で止まり、躯体への影響はほぼ無かったという結論に至った。よって、今後、再起に向けて、動き出したのである。

 35年ほどお世話になっているホテルなので、この知らせは、激震で歯車が狂った熊本に希望の灯火となるのは間違いない。まだまだ、被災地の復興はこれからの話。・・・少しでも、一つ一つが再起を目指して踏ん張ることが重要なことなのだ。

 勿論、修復にかかる費用やホテル従業員の給与保障の問題など山積みであろうけれども、熊本県になくてはならぬ存在である同ホテルの、早期再起を心より祈りたいと考える次第。


800_2628


800_2163


800_1891


800_1892



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。
http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/5/30 12:00 am

カントリーパークは、オススメ!

800_0666


 カントリーパーク(熊本農業公園)のオブジェなどのシンボルや各施設が被災した。しかし、同園は5月1日から「復活」。よって、5月9日に取材で足を向けることにした。

 時計台横にある三体の牛のオブジェの内、2体に亀裂が入り割れていた。可哀想なその姿に愕然としたが、今回の地震が、この離れた地域まで爪痕を残すとは思いも寄らなかった。

 ずいぶん前に同園がオープンした頃を思い出すが、久しぶりに中を歩くと、その広大さに驚いてしまう。目を細めると、遠くに何やら赤牛、黒牛が若草を食んでいるようだ。近づいて行くと、二重の柵があり、手の届かぬところで食事中。

 ちょうど600mmの超望遠レンズを持参していたので、それで撮影することにした。牛たちは、こちらを見ては、柵から頭を出して、こちらへ来たいという仕草をする人懐こさが、実に可愛い。

 オブジェや施設の一部に損害はあったものの、牛たちはすこぶる元気に生きている。雨が降ったり止んだりの天候だったので、今回は1時間ほどの滞在で同園を出ることにした。

 熊本市内から車で30分ほどで行けるカントリーパーク。今、バラが見頃なので、是非、足をお運びいただければと・・・。


800_0715


800_0713


800_0676


800_0683


800_0693


800_0687


800_0707


800_0577


D60_9220



◎熊本県農業公園
〒861-1113 熊本県合志市栄3802-4
TEL 096(248)7311 FAX 096(248)7310

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/5/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp