ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 差別化

必読・無駄無理消しゴム大作戦!

senken3


 現在、ロゼッタストーン異業種交流ポータルサイトや先見塾では、ご相談を受けている各企業や個人商店の「無駄無理消しゴム大作戦」を推進している。

 旅館やホテル、レストランなどの業種を見ると、バラバラな写真がランダムに存在し、チラシ、パンフレット、リーフレット、紙媒体やネット広告用写真など、タコ足配線のような契約の中で、要は1回の取材の料理写真で十分なはずが、撮影者が異なる似たり寄ったりの写真がわんさと存在することになる。それも著作権や二次利用などの取り決めもないまま、ざっとしたものばかりである。

 写真一つにしても、契約各社から取材依頼があり、別々の日程にて、何度も何度も同じ料理やその他施設の取材に立ち会い、生産性のない時間だけが経過し、費用も嵩むばかりとなっているのが現状。それが長期にわたり、何の変化も進化もない状態が続けば、とんでもない無駄な経費ばかりが飛んでしまうことになる。費用対効果なんぞ、微塵も無いように思われる。

 これは、例えばの話であるが、「筍」を例に挙げると、グルメ媒体A社が取材と言って、仰々しく数人のクルーがやってくる。何時間も掛けて撮影することになり、撮影の速度に合わせ、調理場はてんやわんやとなってしまう。やっと取材終了となると、冷え切った料理をそのクルーが食し、ホッとした矢先、また次の日に、別媒体B社が足を運んで来ては、延々と同じ繰り返しをしている。

 取材1回あたりの食材費もバカにはできない。だから、筆者は取材時に料理代を支払うことにしている。人件費も光熱費も同様に、取材の時間帯は全く生産性のない業務に徹しなければならない。それが、写真というデータを作り込むために、旅館やホテル、そしてレストランは、年間、どれだけ無駄無理をしているのだろうか。時代錯誤も甚だしい取材の手法が、今も尚、存在しているだけの話となる。

 紙媒体、電波媒体、そしてインターネットへの宣伝材料は、依頼サイドで一本化するだけで、特に、個人商店に関しては、経費負担をかなり削減できるのではないかと、自問自答し、気付いてもらいたいものである。テキストデータ、画像データ、動画データ、音声データ、そしてインタラクティブなシステム環境を構築する場合に、従来の「タコ足配線型素材構築」を止めなければ、規模が小さな商店ほど、いつまで経っても、利益に結びつくのは至難の業となる。

 当社は、現在、デジタルに弱いと言う会員や塾生を中心に、健全で正しいSNS活用法や公式サイトとの連動、そしてアクティブなWEBサイト運営を推し進めている。理想的なのは、1商店が宣伝材料を発注する場合、1印刷業者、1フォトグラファー、1動画撮影業者、1コピーライター、1企画サポート業者などをチーム編成し、質の高いオリジナル宣伝材料を創出することで、自社の売上拡大へと繋げる「知恵」を持つことが先決であると考える次第。

 諄いようだが、広告宣伝の仕組みをしっかりと把握することが重要となる。全てを丸投げで任せてしまっているところに、大きな落とし穴がある訳で、その無責任で軽々な判断により、結果的に、長年の間、間違った宣伝材料創出の呪縛に苛まれているのだ。・・・「無知」ほど怖いものはなく、「無責任」は最終的に自分の首を絞めることになる。



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/4/20 12:00 am

ネット検索の真髄・・・

1


 異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」では、取材した記事が、如何に、取材された企業、人、商品などの露出度を上げるかに尽力し、長年の間(since 1995)、地道にその実績を積み重ねています。

 今回、「牛崎英司(うしざきえいじ)」さんを例に挙げてみます。

 先ず、Googleで「牛崎英司」(天草市にある某ホテルの凄腕シェフ/弊社クライアントではありません)と検索してください。僅か、0.57秒(今回の検索でかかった時間)で、最上位から「ロゼッタストーン」に掲載された記事がずらりと並んでいるはずです。

2



 更に、画像検索に切り替えると、再び、「ロゼッタストーン」に掲載されている人物写真、料理写真などが、同様に最上位からずらりと抽出されます。

3


 大抵、企業公式サイトでは、企業内で活躍し、常に縁の下の力持ちで支えている人たちの姿は露出していない傾向にあります。人気料理なども同様に、表に出ているようで、日々情報発信に力を入れていない限り、自社サイトの料理写真を目にすることはありません。

 そこが、如何に公式サイトであったとしても、検索エンジン(ネット世界の最重要ゲート)における、露出度や存在のなさを目の当たりにすることになります。単なるチラシやパンフレットをそのまま掲載したような公式サイトは、コンパクトで美しそうですが、コンテンツとしては面白みがなく、露出度もほどんどないという結果に終わるのです。

 当社が維持管理しているポータルサイト「ロゼッタストーン」は、「人」が常に主人公であり、その活躍ぶりや作品などが、ストレートにネット上で検索されるよう、1995年以来「アグレッシブな取材」をモットーに、運営して参りました。

 「ロゼッタストーン」のクライアントであってもなくても、その情報がみなさんのお役に立つことが、メディアとしての本来の役割、姿であります。巷では、広告段数の高いクライアントの神輿記事が多々ある中、「ロゼッタストーン」では、公正中立な立場で、常に、信憑性の高い情報を記事として掲載し、情報発信に尽力しています。

 蛇足ではありますが、個人事業主の場合、第三者から「あなたの情報は、ネットでどうサーチすればいいのですか?」と聞かれて、「私の氏名で検索してください!」とサラリと言えれば、SEOは全く申し分ありません。

 個人事業者であれば、ご自分の氏名で検索してみて下さい。無数に存在する情報の中から、どれだけ自社業務のディテールや自分自身がどれだけ抽出されるかを・・・。安い質の悪いサーバーに搭載されたコンテンツは、どんなに制作費に経費を掛けたとしても、それは静かに埋もれ腐っているものが多いものです。

 残念ながら、多くの中小企業の経営者、個人事業主などは、それに気付かぬまま、ネット事業と本業をジョイントしようとしているに過ぎないのです。

 余談ではありますが、同じようにGoogleで「熊本ホテルキャッスル 料理」で検索されて、画像をご覧ください。最上位から多数の料理写真が抽出されるのですが、実は、「ロゼッタストーン」が取材した記事で掲載された写真なのです。これは何を物語っているかは、言わずもがな。

 ※熊本ホテルキャッスルは、熊本県内最高峰のシティホテル。

 畢竟、ネット事業は大変奥深いものであり、「たかがネット?」と見下してはなりません。・・・現代社会における「最強の武器」でもあることを、再認識しなければならないのです。


▼牛崎英司シェフが創り出す料理の一部写真
4


5



6



◆異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/1/14 01:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp