ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 学び

オークス通り、ぶらり・・・

▼オークス通り

ohkusu1


okusu2


 オークス通り(熊本市内)。・・・ちょっと短く、ちょっと小さな通りだが、筆者が凄く好みのアングルがある。

 写真上は、そのオークス通りを熊本ホテルキャッスル側から見上げて撮影したホテルオークスとその前に聳え立つ大楠。・・・ここら一帯は、随分前に高等学校や中学校があったところで、大楠はその名残りでもある。・・・その史実を知る人は、段々と少なくなっているかも知れない。・・・歩いていると、波打ち、起伏のある石畳の歩道が何とも言えず、しっかりと根付いた大楠の生命力を、筆者の土踏まずまで感じるのである。

 もしかしたら、当時の学生達が消しゴムや願い事を大楠の根の中に隠したものが残っているかも知れない。もしかすると、赤点だった解答用紙を丸めて隠した物があるかも知れない。・・・筆者が中学生だったら、この大楠たちと何を語っていたのだろうと・・・どんどんと妄想に耽ってしまう。・・・当時の時代を知っては居るが、何も語らぬ大楠たち。久し振りの澄み切った空気と光の中で、ビルの防風林であるかのように、今日はいつもよりも聳え立って見えたのだった。

▼コンサートホールのような大音響を発する友人の愛車

car2


car3


 大楠やビル群の数枚の写真を撮影し、それから友人の処へ足を運ぶ事になった。

 愛車のトランクを覗き込むと、何やら数百万するんじゃないかと思うほどの、音響システムが搭載されていた。どでかいアップとツインのエコライザー。高音域、中音域、低音域・・・その設定は、素人が無闇矢鱈にいじれない高度なものだった。随行した先見塾の清崎塾生の本業のスキルを拝見するのも楽しみだったので、それに立ち合った。

 エコライザーを一度フラットにして、ユーザーの耳に最高に心地良いセッティングに挑戦していた。コンパチブルなので、重低音のきしみが屋根や接続部分に響いてくる。大音響とともに、リアのナンバープレートの接続部分にもビビリがあるようで、簡単なセッティングではなさそうだ。

 ・・・2時間半ほど掛かっただろうか、筆者もとうとう痺れを切らして、車の撮影に切り替え気を紛らしていたのだが・・・今日は空気が澄み切っており、撮影には最高の日和だったのかも知れない。・・・「おお、重低音が五臓六腑に染み渡る!!」。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/9 08:33 pm

カメラが捉える「笑顔」・・・

▼NIKON Dfとオールドレンズ

laugh1


 写真を趣味とすると、いつも天候が気になる。・・・ここ最近、雨が多く、なかなか野外活動ができない状況下にある。・・・桜もポンと咲いて、ドサッと落ちてしまう妙な気候。・・・温暖化の影響からか、四季の変わり目を楽しんできた日本中が・・・特に、熊本は春と秋がかなり短くなったような気がしてならない。

 野外活動ができなければ、屋内での活動しかない。・・・屋内でカメラが活躍するのは、スナップ、ポートレート、料理、小物などの撮影だ。・・・料理もオファーがなければ、なかなか沢山の写真を撮影することはない。・・・一品、二品だけで終わるのならば、それは、時間の無駄、経費の無駄ってことになる。

 写真下は、ここ最近撮影したスナップ。・・・屋内であろうが、屋外であろうが・・・主人公が「」となると、いつでもどこでもシャッターが切れる。それも、カメラの存在を忘れた瞬間の「笑顔」は、とても素敵だ。・・・日頃から「笑顔」を忘れた人も多々居る。それは短い人生において・・・実に勿体ない。

 「笑顔」を切り撮る写真。・・・辛い生活、事件や戦時中の凍り付くような写真も、事実を伝えるには、重要なメディアかも知れない。・・・しかし、筆者は、自分の命の蝋燭の炎が消えるまで、世界中を幸せに導く「笑顔」をしっかりと切り撮って行きたいと考える。・・・それも、モノトーンの世界にて。

laugh2



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp