ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 天草黒牛

牛崎英司流に舌鼓!!

▼牛崎英司シェフ
DSC_9029


 熊本市当社オフィスから天草市のホテルへは、九州自動車道(熊本I.C.〜松橋I.C.)、宇土半島南岸道路を通り、車で約2時間少々で辿り着く。月初めで車は多かったものの、熊本市内のオフィスを出たのが午前10時10分。同ホテル駐車場に到着したのは、ジャスト正午だった。思ったより順調に走れた。

 今回、牛崎英司流の料理を、テーマをもって本格的に取材するのが3回目。今回、また、静かなる「進化」を見た。写真の通り、写真で言えば、すごく抜けの良い料理群に、つい取材を忘れてしまいがちとなってしまった次第。

 料理は、形はグロテスクだが、伊勢海老に勝るとも劣らない団扇海老と黒毛和牛(A5)の天草黒牛、今回のメインディッシュ。・・・腹をすかしているので、ファインダーを覗くのが辛い。しかし、その彩り、盛り付け、味付け、全体的なバランスと流れ・・・出会ってまだ一年も満たないけれども、その「変化」と「進化」については、近頃加速度を増してきている。

 キッシュなども盛り込み、バリエーション豊かなランチとなっている。このような心の籠った上質のランチを楽しみながらの会食は、事がどんどんと円滑に進み、あっという間に終了し、気づけば午後4時になっていた。更に、午後7時は熊本ホテルキャッスル(地階 四川料理 桃花源)へ足を運ばねばならない。

 一日に、ゴージャスな料理を二ヶ所撮影るのは久しぶりのこと。・・・結局、自宅へ辿り着いたのは午前0時半だった。

DSC_0488


DSC_0491


DSC_0522


DSC_0530


DSC_0593


DSC_0597


DSC_0625


DSC_0547



【ディー・アンド・エルリサーチ社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/2/2 09:09 am

牛崎英司流第2弾・・・

DSC_9029


 昨日の牛崎シェフは、かなり進化していた。実に、挑戦的だった。・・・と言うのは、コースの流れが今までと違っていたのである。シンプル且つ盛り付けの美しさが際立ったコースだったと思う。

 ランチタイムには勿体ない料理だが、熊本市から天草市へ出向いて取材する我々にとって、帰路の2時間を考えれば、日帰り取材ではどうしてもランチタイムに取材をする方が都合が良い。

 よって、ランチタイムの多忙な中で、この料理群を作ってもらうのは、少々気が引けてしまう。しかし、今日の牛崎シェフは、私の意表を突いたのだった。

 毎回が真剣勝負だ。つい、取材に傾注するがあまり、天草黒牛のステーキにソース(フォンドボー 赤ワインときの子の香り)ど掛け過ぎてしまった。言い訳になるかも知れないが、それほどソースもちょいと舐めてみて旨かったので、どぼっと・・・。(苦笑)

 実は我々の目的は、牛崎シェフの奏でる料理の取材ばかりではなく、もっと大きなテーマを持って、現在進めているのだが、その話し合いもじわじわとフォーカスが定まってきつつあり、これが具現化すると、また、大きな花火を打ち上げることが可能となる。

 さて、近日中に第3弾の取材も予定しており、更なる進化を楽しみにしている次第。天草は海のリゾート、元々は島国である。筆者は30年ほど前に、長崎県上五島、当時の奈良町にて「トライアスロン in 奈良尾」を企画運営した経緯があるので、どうしても、海沿いの町となると、ボルテージがどんどん上がってくる!!

 さあ、とことんやりましょ!!・・・全て「ガラス張り」にて!!


▼季節の野菜のテリーヌ
DSC_8777


▼カリフラワーのポタージュ
DSC_8795


▼天草鯛のポワレ バジルのソース
DSC_8804


▼天草黒牛のステーキ フィレとサーロイン 温野菜/フォンドボーと和風おろしのソース
DSC_8923


▼バケットには、天草の海水塩、EXVオリーブオイル、バター
DSC_8860


▼パウンドケーキとバニラアイス 金柑とチョコレートソース/天草のミカンゼリー寄せ
DSC_8964


▼珈琲(天井の明かり取りにフォーカスをあてて撮影)
DSC_8978


▼打ち合わせ中の筆者と牛崎シェフ
DSC_9045



【ディー・アンド・エルリサーチ社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/1/27 04:45 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp