ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 大義

言霊と人生・・・

▼芝居小屋 八千代座(熊本県山鹿市)

800_0482


 写真は、先般、初めて12mm超ワイドレンズで八千代座(熊本県山鹿市)内部を撮影したもの。

 別にセッティングして写したものではなく、大勢の観光客の間隙を狙って、手持ちというか、花道にカメラを置いて、ほとんど勘で撮影したものです。

 今朝、この写真を見ながら、色んなことを思い出しました。

 小学生の頃、ボロボロだった八千代座。「泥かぶら」や「肥後石工」などの演劇を見たり、映画などの上映もあったように記憶します。

 日本全体が高度成長期に差し掛かる頃だったと思います。

 昭和20年代は太平洋戦争の戦後処理と復興の時代。昭和30年代は戦争の傷を癒しながらの、「ものづくり日本」のパワー蓄積の時代。そして、昭和40年代に高度成長期を迎え、家電製品がどんどん家庭に浸透して行ったのだろうと。

 幼い頃から現在に至るまで、特に自分自身に影響を与えた言葉、つまり「言霊(言葉にあると信じられた呪力」が確かにあったのではないかと、ふと、この写真を見ながら考えていたのでした。

 心に残る言葉・・・それが潜在意識の中に宿り、無意識の内に、その「言霊」に感化され、人は育って行くのだろうと。

 3歳になってカトリック幼稚園に通い始めた頃、幼稚園近くに住んでいた叔母から「もう時計を読めなきゃだめだよ!」と言われ、叔母の家に掛けてある柱時計を何度も指差し、「何時何分」の訓練をしたこと。負けず嫌いだったのか、6歳上の従兄弟がスラスラと時計を読むのが悔しくて、叔母が手で針を回しながらの問い掛けに必死となり、1日で覚えてしまったことを思い出します。

 父の転勤で、故郷を離れ、全く知らないところの小学校へ入学。その夏休みに、幼稚園の園長夫妻が訪ねてきてくれて、「キリンになりなさんなよ!」と助言を頂いたいこと。随分昔の話ですが、深く刻まれた言葉の一つでもあります。また、1年2組の担任の先生が家庭訪問の時に、「この2年生から6年生までの国語の教科書を持ってきたので、夏休みに全部読みなさい!」と言われたのも、正直なところ、衝撃的な家庭訪問(えらい宿題)だったと記憶しています。

 更に、これは良い思い出ではないのですが、小学校6年生で委員長だった私に対して、担任の先生が皆の前で「三年苔!不潔な奴だ。従兄弟はできが良いのに、君は本当に問題児だ!よって、委員長を辞めてもらう!」と中傷を受けたこと。まあ、プールサイドでワイワイ騒いでいた時に、ある同級生を蹴ってしまい、服のままプールに落としたことが原因だと思いますが、元気よすぎて、先生からも敵視されていたのだろうと。(苦笑)

 中学一年生の時に、某県地方検察庁検事正から「頑張ってお父さんのようになんなさいよ。私は転勤で他所の県に行くけど、いつもチヌ釣り一緒に行ってくれたお礼に、この万年筆をプレゼントするよ。」と、強く握手を交わして頂きました。当時の私にとっては夢のような高価な万年筆を頂いたこと。白髪の検事正(氏名は伏せます)だったと記憶しますが、急に学ラン姿の自分を大人として扱って頂いたことが、印象的でした。

 また、同時期に若手検事から「この本読んでみてご覧!」と、ドストエフスキーの「罪と罰」をプレゼントして頂いたことも鮮明に覚えています。その検事さんが若い頃出会った書籍の中で、印象深かったものの1冊だというので、今でも大切に保管してあります。当時の若手検事さんは、数年前に最高裁判事で退官されました。20年前に母が若くして急死した時も、さっと東京から駆けつけて頂きました。私の半生において、「大義」というものに対して、強く影響を与えた方の一人でした。

 振り返り、今だからこそ気づくことが沢山あります。幼少期から成長期、そして思春期に掛けて、特に、自分の人生を決定づけるような、重要且つ摩訶不思議な「言霊」が、潜在意識に格納されて、人は歩み続けているのだろうかと、その時、その時の印象深く刻まれた記憶の中に、お世話になった方々、苦言を呈して頂いた方々、そして、温かく子供の私を一端の大人のように取り扱って頂いた方々など・・・人との出逢いがこれほどまでに大切なことを、再認識したのでした。

 されど、一端の大人になった現在の自分であっても、しばしば「言霊」に出逢うこともあります。つい最近では、高校1年生からの付き合いの心友が居ますが、その心友の父親も検察官で、私たち二人は短い期間だったと言えども、毎日のように、双子の兄弟のように、官舎で遊んでいたのです。いつだったか、彼から「色々と苦労しているようだけど、頑張って!新聞やテレビなどで活躍しているのは分かっていたよ。これ少ないけど、投資するので、気合を入れて成功してもらいたい!」と言ってくれたことがありました。彼が去って行った後に、目頭が熱くなりました。

 私の友人には、所謂、チャラい「遊び人」は一人も居ません。皆、立派に社会貢献している人物ばかりです。しかしながら、そろそろ定年を迎える友人もいるのですが、周囲を取り巻く心友を含めて、あらゆる方々の「言霊」により、支えて貰っていることを忘れず、今後も「大義」をもって、果敢に攻めて行きたいと考えている次第です。

 「言霊」・・・軽視すると罰が当たるという、大変有難いけれども、怖い存在でもあります。苦言を呈して頂く人ほど、その「言霊」にはパワーがあるのです。


▼熊本県天草市下田方面の海
DFD_3403



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/5 10:38 am

躱して行くのも一つの手だが・・・

710_4776


波風立てずに、躱して行くのも一つの手だが・・・

 オフィシャルでもプライベートでも、必ず、トラブルメーカーや虐め屋がいる。これらは、子供の頃からいくら躾をしようとしても、DNAの方が勝り、より本能的に動き、理性を持てない人なのだから、抑制するのは大変難しい話である。刑務所のような施設で、独房に入れて隔離しない限り、また繰り返す。

 だからと言って、常に神経過敏となり、波風立てずに、躱し凌ぎの人生となれば、自由もなく、息苦しさばかりで、虐められる方が精神的に参ってしまう。このような不条理なことが、あちこちで無数にあるのならば、何らかの制裁をもって、予防・抑制する仕組みを作るなり、良識的な人物が盾となり、その再発を防ぐ必要がある。

 子供の頃の虐めは、自然発生的なもの。殴られた方の傷や心の痛みを、如何に周知徹底させるかが問題となる。特に、コドナ(大人になり損ねた大人)が占める割合が多くなってきた現在では、PTAの挙動でさえも、その虐めの原因ともなりかねない。サラリーマン化した教職の言動も然りである。

 日頃の、つまらぬ井戸端会議の延長をそのままPTAの会に持ち込み、無駄な時間ばかりを過ごしているコドナも居る。会費を横領するような阿保も居る。幼い頃出来の悪かった人間ほど、また、世の中に貢献できない人物ほど、PTAではとんでもない挙動を展開するのである。

 三島由紀夫が嘆いていた言葉の一つに「大義」というものがある。それは、人間が踏み行うべき大切な「道」のことだが、その「大義」なき世の中になってしまったのが、現代なのだ。簡単に言えば「人の道」だが、それを日本国民、皆が気付くべきなのではなかろうか。

 堅苦しいようだが、「大義」を重んじ「勧善懲悪」の精神が宿れば、詐欺、横領、傷害、殺人、轢き逃げなどが激減するのではなかろうか。「大義」なき人間は、「これくらい分からないだろうから、やっちゃえ!」程度の軽々な乗りで、日頃から常習となってしまう。法的な制裁が及ばねば、何でもありで日々を送ることになる。よって、それを放置すると、延々と同じ繰り返し、想定外の事件が発生する。

 その被害者の大半は、一所懸命真面目に働く人々や、心優しすぎる人々なのである。「自分の身は自分で守らねばならない!」と、無責任なことを押し付ける警察や教育委員会などの御歴々。金銭が潤沢にある家は、ガードマンでも何でも雇って、身を守ることは可能であるが、大半の庶民は、その術を知りつつも、出来るはずがない。

 だったら、国家機関や地方行政が、全国津々浦々で起きている些細な「虐め」に対しても、警戒レベルを上げて、一人一人の被害者の盾となるべき、迅速且つ的確な初動を発令しなければ、監察期間において、取り返しのつかないことが、どんどん起きてしまうのは当然の成り行き。

 先ほど、Facebook上で語った「社内虐め」は、ノンフィクションである。50過ぎのコドナが、20代後半の部下を酒のツマミにしているようなもの。これを解決するには、トップがその現状把握を行い、適材適所にて人事を発令し、それでも問題が起きるのならば、降格、左遷の厳しい処断をすべきであったと考える次第。

 年功序列の腐った社会構造を作った日本だが、これからは「実力主義」をもって、若輩と罵られていた人間が、何段階も飛躍できる環境を早期に作ることが先決であると考える。勿論、飛躍した若者も、先ずは人間形成を重んじ、年上の上司となろうが、そこは常々、礼に始まり礼に終わるという、素晴らしい人格を持ち合わせなければならない。

 もはや、単なる憂さ晴らしで、コドナたちから「虐め」を受ける必要もない、共存共栄の優しく規律正しい日本人でなければ、これから、どんどん海外の見識の低い、だらっとした物事の考え方が、日本精神文化を侵食するのではないかと危惧する次第。

 ちまたでは、「癒し」と題して、色んなイベントや出版物、制作物が蔓延っているが、一過性のものに気をとられることなく、自らの人生というスパーンや、周囲の方々の気配りなどが、果たして、しっかりと出来ているのかなどの「自己反省・自己改善」をすべき時代(とき)ではないかと・・・。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/14 05:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp