ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 変異株

コロナ感染により絶命・・・

JOSUI


◎記事と写真は関係ありません

 私事で大変申し訳ないけれども、本日は、「新型コロナウイルス感染」について語りたい。

 一昨日のこと、何故か胸騒ぎがしたので、他県に住む、幼い頃から大変世話になっていた母方の叔父の携帯へ電話をしたのだった。ところが、電話に出ない。よって、その甥っ子に電話をすると、半年ほど入院をして、最近、急死したと言う。親戚にも知人友人にも殆ど知らせなかったので、遅ればせながら胸騒ぎのお陰で知ることになった。

 半年前に脳梗塞で倒れ、やっと3日後に退院と言って喜んでいた叔父。しかし、入院先の病院でクラスターが発生したらしく、PCR検査をしたところ陽性となり、脳梗塞からは解放されたものの、コロナ感染にて再入院をせざるを得なくなったという。寝耳に水のような話だが、それも、高齢であるが故に重篤となったようだ。

 それから1ヶ月も経たぬうちに、病状が悪化し息を引き取ったとのこと。叔母も従兄弟も皆、隔離された叔父への面会はできず、叔母に至っては、半年も叔父の顔を見る事なく、お骨となって帰ってきたという。以前、ニュースではこのような光景を目にしたが、まさか、近しい叔父が、コロナ感染で絶命するとは・・・。

 高齢なのでワクチン接種はしているはずだが、十数人のクラスターに巻き込まれたのは不運だったとしか言いようがない。ただ、聞くところによると、川で溺れるような苦しみが続き、体重も十数キロ落ちてしまい、最終的には、新型コロナウイルス変異株に対抗できなかったのだろうと。想像を絶する話に、身の毛がよだち、体全体の力が抜けてしまった。

 若き頃は、背が高くすらっとしてイケメンの叔父だったが、昔を思い出せば、その優しい笑顔しか出てこない。その優しすぎるほどの人間を、コロナはこれでもかと苦しめるのだから、とんでもない生物兵器だと、腑が沸たぎる思いとなった。フェイクばかりの世界において、これほど酷い人体実験は許されるものではない。

 ワクチンがどうだとか、特効薬がどうだとか、そもそも、生物兵器を作り出した異常者は、地球全体を滅ぼすことになるのを、舌を出して含み笑いをしているのかも知れないが、必ず、必ず、このウイルスによる殺戮は、ブーメラン現象が起き、その人物、その国へ倍返しで戻って行くのだろうと確信する次第。

 緊急事態宣言云々の前に、人の命が虫けら同然に奪われている現在、総裁選に躍起になる政治屋やマスコミ。何を考えているのか、自分の足元だけを見ている無責任集団の恥ずかしさの境界線を逸脱した醜態ぶりを、国民が許すはずがない。マスコミは、コロナ→オリンピック→パラリンピック→コロナ→総裁選と、視聴率ばかりに目を向けるから、茶番劇の連続となる訳だ。

 もっと真剣に徹底させて欲しいのは、飲食店や宿の「新型コロナウイルス感染防止」の認定を受けているのであれば、ウィズマスクなど厳しい指導は勿論の事、大声で場を賑わせている人間をつまみ出すほど徹底しなければ、また、次の犠牲者が、お構いなしに、鼠算的に激増するばかりとなる。憎きコロナに仇討ちができないところが、実に腹立たしいが、この場を借りて、叔父の冥福を祈りたい。


▼写真は、熊本県山鹿市菊鹿町の水田と彼岸花
corona-001


corona-002


corona-003


corona-004


corona-005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/28 12:00 am

そこの方、マスク!マスク!

▼金糸梅(キンシバイ)
※写真と記事は関係ありません
※花言葉:秘密 煌き 悲しみを止める 魔よけ 太陽の輝き

SHUSEI-0


 変異株の登場で、一挙に地球が真っ赤に染まって行く。それでも他人事と思い、警戒心もなく、危機管理をしっかりとしない経営者も少なく無い。今日も、某レストランのセンターテーブルにて、4人の男性がマスク無しで、大声で笑い語り合っていた。

 周囲の方々も、大きな声が出るたびに、嫌な顔して振り向いてしまう。食事が終わっているのだから、ウィズ・マスクで、普通に話せば良いものの。我慢ならず、マネージャーへ一言。「危機的状況なので、ルールを守らせようよ!」と。

 マネージャーは、間、髪を容れず、ぐるっと回って、その4人組に指摘したようだ。すぐさまマスクを装着する4人組。ところが、一人の年配男性が、顎に付けたまま、悪びれた様子もなく話し続けている。何と、民度が低いことか・・・。

 公然とルールを守らぬ人たちの集まるような会社では話にならない。企業モラルがどの程度のものか見てみたいが、多分に、白ではなく黒であろうと推察するしかない。それから数分後、ワイワイガヤガヤの4人組は立ち去って行った。

 先般、70過ぎの知人が話し掛けてきた。「やっとのこと、ワクチンの予約が取れましたよ。正直なところ、安堵しています。熊本も最近は感染者が急増していて、生きている心地がしませんよ!困ったものです!」と、怒り心頭のご様子。

 屋外にある、壁際の喫煙所。そこには、マスクを顎に下げて、至近距離にて、会社の同僚なのだろうか、3人が狭い壁際で大声で話している。どんなに屋内でマスクをしていようが、この様子であれば、意味のないマスクとなってしまう。

 全ては自覚の問題、当事者意識の問題であるが、政府や自治体、医療従事者が、声を大にして警鐘を鳴らそうが、素知らぬ顔している人の方が多いように思えてならない。「明日は我が身」と思えないのは、平和ボケとしか言いようがない。

 日本人とは、高度な論理思考を持つ、世界でも稀有なる人種であると、幼いころから誇らしげに思っていた筆者がいる。礼節を弁え、人の立場になって物事を考え、困っている人たちを、自己犠牲を払ってでも救うといった立派な人種だと・・。

 蛇足ながら、或る地方のレストランにて常連の女性客が数人来たと言う。そこで、若いアルバイトが「マスクの着用をお願いします!」と言うと、そのご婦人たちは逆ギレして、すったもんだあったらしい。これも同じく民度の問題であるが、「この店の常連客だ!」と豪語したいのであれば、罵言を発せず、率先してルールを守るべきである。


▼静かに、しっかりとご飯を食べて、体力、免疫力をつける!
 ビーフカレー(ダイニングキッチン九曜杏/熊本ホテルキャッスル)
SHUSEI-1


SHUSEI-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               


  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/19 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp