ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 和の文化

お肌ぷるぷるのランチ!

DFD_9930


 熊本ホテルキャッスルの和食ランチで、低カロリー、コラーゲンたっぷりのランチがある。それが二千円でお釣りがくるのだから、驚きである。

 ヘルシー料理なので、写真のようにコンニャク刺身、鍋にはつみれや鶏肉、豆腐、野菜、春雨など、寒いこの時期には、身も心も温まるランチとして、時折、オーダーしている。食後にかわいいデザートが出されて、ほうじ茶で〆ると、胃袋スッキリのランチの終了だ。

 食事中に感心することは、固形燃料の火がいつまでも消えないこと。妙な宿なんぞ、固形燃料がやけに小さく、すぐに消えてしまい、折角の鍋が冷えてガッカリする事もよくある話で、最後の1滴のスープを飲み干しても、まだ炎が揺らいでいる。

 また、コンニャク刺身に添えられているワサビが、異常なほど痛烈に効く。鼻から脳天を突き刺すような刺激がたまらない。寝不足でボーッとしている時など、一瞬にして目が覚め、涙目となってしまう。しかし、爽快である。

 2013年に「和食 日本人の伝統的な食文化」が、無形文化遺産に登録された。器に目を遣り、料理の彩りや盛り付けの美しさを愛でながら、旬の食材を思う存分楽しめる料理は、世界中で、和食の右に出るものはないと筆者は思う。

 その要因の一つとして、ライフルの弾丸をも切断するといわれる日本刀の切れ味は、和包丁に通じるものがある。その切れ味こそが、食材の旬の味を引き立てているに違いないと・・・。

 それは、和洋中の包丁を比較すれば一目瞭然。上から連打で叩き斬る中国包丁。包丁の先を支点として裁断する西洋包丁。そして、ふぐ刺しで身が透けるほど薄く切れる和包丁。日本人の魂と天性の器用さが、料理にも道具にも宿っていると思えば、確かに頷ける。

 
DFD_9945



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/1/29 02:46 am

自国の宝が消えて行く・・・

▼帝国ホテルのケーキ

800_0956


 幼い頃のクリスマスイヴを思い出した。3歳から通い始めたカトリック系の幼稚園。時代は、昭和30年代の話だ。戦後15年ほど経った日本だったが、まだ、小学校の給食では脱脂粉乳や鯨肉が出されていた、敗戦国として貧乏な国だった。

 そんな中で、たまたま親や園長に駄駄をこねて無理やり入園させてもらったのだが、初めてのクリスマスイヴを迎えた時のこと、園内では聖歌が流れ、仏教徒である私が今まで体験したことのない、不思議な世界に入り込んで行った。

 園長とそのご婦人(おばちゃん先生と皆が呼んでいた)の誘いで、植木町だったか、クリスチャンの方の家に出向き、生まれて初めてワンホールのクリスマスケーキを食したことをよく覚えている。当時の街中のケーキ屋さんでは、バタークリームで包み込んだ、劣悪なショートケーキばかりが並んでいた時代なので、その大きな手作りのワンホールのクリスマスケーキは、私にとって、夢幻のようで、驚きの色を隠しきれなかった。

 そういった貧しい時代の日本を思い出したのであるが、それから数十年経った「日本の今」を見ると、当時とは雲泥の差。ありとあらゆる物が揃う、贅沢な国になっている。靴下やズボンが綻ぶと、必ずフセををする時代。器用なお母さんは、アップリケをうまい具合に使って、フセをした箇所が不自然にならないように工夫していたことも覚えている。今では考えられないことである。

 そして、時代は昭和の風から、平成の風に変わる。残念なことに、人、物、金の価値が全く変わってしまった。敗戦後の動乱の時期に、国を憂いて、新しい強い日本国を築こうと、先人たちが目の色を変えて仕事に傾注していた。諸外国からは、日本人をエコノミックアニマルと揶揄するほど、日本国の急成長は凄かった。

 神道や仏教がほとんどを占めるお国柄だが、一般的な人間は、私も含めて無信教者が多い。よって、海外の文化は思いの外根付きやすく、新年には「Happy New Year!」と連呼し、2月にはバレンタインデー、3月にはホワイドデー、10月にはハロウィン、更に12月にはクリスマスが根付いてしまった。

 商業ベースで次から次へと、欧米文化が流れ込み、それぞれの時期になると、購買意欲をそそるようなイベントが目白押しとなるのも、実に面白い現象である。しかし、逆に、日本の伝統的な遊びや慣習がどんどん忘れ去られてるという逆流現象も起きているのも否めない事実。

 何を選ぶか選ばないかは個人の自由ではあるが、自国の伝統文化伝承に多額の金銭が必要な環境を作っているのも、世襲制に固執しているのも、衰退への加速度を増している要因であることも知る必要がありはしないかと、危惧する今日この頃である。

 一昨日、友人からのメッセージがFacebookのメッセージで送られてきた。それは、90年の歴史を持つ老舗蕎麦屋が年内いっぱいで廃業すると言う。実に残念なことだが、やはり、自国の宝である伝統文化を継承するのに、法外な金銭が必要な環境を是正しない限り、どんどんと良き時代の日本の姿は消え去って行くのではなかろうかと・・・。


▼GODIVA
800_9102


▼年内で廃業する「下通藪蕎麦」のカツ丼&ざるそば
800_9000



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/24 03:06 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp