ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 名門ホテル

熊本ホテルキャッスルのランチ・・・

850_1575



 今週の熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のパスタランチは、オクラとベーコン、キノコのパスタであった。ローストビーフの上にポン酢のジュレが添えられ、蒸し蒸しした雨の日にはさっぱりと喉越し良く、食が進む。できることなら、アルデンテで食したい気分だ。

 通常、同レストランのお得なランチは、洋食ではシェフランチ、パスタランチ、カレーランチ、九曜杏ランチ、ステーキランチの5種がある。現在は、令和時代となり、改元記念の特別ランチメニューもちらほらと。

 思い起こせば、同ホテルへ足繁く通うようになって38年ほが経つが、熊本の代表的な名門シティホテルとして、来年10月には60周年を迎える。本日は圧倒的に女性軍が殆どのテーブルを占めており、甲高い笑い声がホール内を飛び交っていた。

 女性軍のパワフルさと物凄い食欲に圧倒されながら、静かにパスタランチを平らげた。後ろのテーブルでは、「そろそろ時間!」と言いながら、何度も長引くトークショー。同時に、六人がスマホ片手に、一斉に喋ってコミュニケーションが取れるのが素晴らしい。

850_1569



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生


             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/5/21 04:17 am

オリジナルメニュー「万華鏡」!!

DSC_9979


 PB(プライベートブランド)の話ではないが、・・・筆者がこよなく愛するレストランの一つに、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏がある。同レストランに通い始めて何年経つのだろうか定かではないが、同ホテルを30年以上利用しているのは間違いない。

 いつの日だったか、余り食欲はないが、健康に良さそうなメニューを自分なりに考えてみたのだった。それは、中央に肉類、周囲に野菜と果物を配置した、ワンプレートメニューである。

 最初にオーダーしたのは、確か、ローストビーフを中央に、当日揃う、可能な限りの野菜や果物を盛ってもらったことがあった。その時、直感的に「精彩」という名前を付けたのだった。しかし、今日の今日まで、何となくしっくりと来なかったのだった。

 よって、本日は久々となる「精彩」をオーダーすることにした。私はローストビーフをお願いしたが、料理長が黒毛和牛のフィレを勧めてくれたので、全てお任せすることに。

 サーブされたものが上の写真である。美しすぎる盛り付け。そして、風変わりなパールホワイトに輝くプレートである。レンズを向けると、ファインダーに映る画像が、まるで「万華鏡」のように見えたのであった。

 ナイフやフォークを使うのが勿体ないほどの仕上がりだったので、じっくり時間を掛けて食させていただいた。・・・マネージャーが様子を見に来てくれたので、そこで「精彩」というネーミングはしっくり来ないので、「万華鏡」っていう名前にしましょ!と話しかけた。

 ゴージャスなメニューだが、たぶん、女性客がこのプレートを見れば、歓声を上げるであろうと・・・。料理は、味は勿論のこと、この見栄えが見事である。・・・実に素晴らしい。

 重要な会食において・・・今後、是非この「万華鏡」を接待用の料理の一つにしたいと考える次第。・・・今回の試食は、食後に体内がすこぶる涼しげで、生き返ったような心地良さを感じた次第。「旨い!!!」の一言だ。


▼同ホテル自慢のコンソメスープ
DSC_9925


▼デザートにオススメのアップルパイと珈琲
DSC_9886



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/4/20 03:37 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp