ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 名園

観光客で賑わう水前寺成趣園(1)

D75_9041


 水前寺成趣園が被災し、急に水位が下がり、枯れてしまうと危惧された時期もあったが、今は、その水位も戻り、美しく澄んだ水を得た鯉は元気に泳ぎまわり、鷺、鴨たちも、その恩恵に預かりつつある。

 古今伝授の間近くで、水草や底に堆積したゴミを取り除く作業をしていた人がいたので、すぐさまシャッターを押したのだった。Facebookの「オブスクラ写真倶楽部」でアップしたその写真を見て、ベトナムのホーチミン市在住の女性から、以下のメッセージが送られてきた。

Big Thanks to you for sharing us a lot of beautiful, meaningful photos. I can see , understand and appreciate how much work you put in your photo. Thank you for sharing them to us. I saw your taken photos of the disaster in Kumamoto, especially about the damaged temple before and after fixing. I understand a lot of work , determination them put into repairing. Honestly ,I felt so amazed the pride and determination of you all. Thank you.

 その他、Behanceでも作品を日々アップしている訳だが、このようにしっかりと閲覧して頂き、地震被災からの早期復興を願ってくれる人が海外に居るだけでも幸せなことである。

 ウィークデイというのに水前寺成趣園の駐車場は満杯に近く、特に、外国人観光客(英国からの旅行客)の姿が多い。ただ、「おもてなし国」の日本の割には、まだまだ気配りが見られない商店が多いようなので、グローバル化に対する意識改革とサービス向上に努めていただければと、少々苦笑い気味に本日の取材を終了した次第。


D75_9068


800_9850


800_9878


▼平和が戻った水前寺成趣園の野良猫
800_9901


800_9902



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/24 02:52 am

仮開園中の泰勝寺へ

▼池とアオサギ
800_7785


 熊本地震で被災して半年経った、泰勝寺(熊本市内)へ足を運ぶことにした。これまで何度が訪ねてみたものの、石垣の崩壊や地割れ、地崩れなどで閉鎖されており、全く取材ができぬままとなっていた。

 今回、幸運にも「仮開園」ということで無料で入園することができ、池や木々、苔園、そして茶室の横まで足を運び入れ、撮影することができた。

 同園は、陽が傾きかける頃、即ち午後4時から5時の柔らかい木洩れ陽を浴びる竹林や苔、小路が特に美しい。しかし、薮蚊が沢山待っているので、園内をそぞろ歩きする前に、防虫スプレーを体全体に噴霧して入園するのが望ましい。

 本来ならば三脚持参でスローシャッターで臨みたいところだが、今回は、藪蚊との闘いを避けて、さっさと手持ち撮影のみで取材を終え、帰途についたのだった。


▼園内各所に立ち入り禁止のロープが張り巡らされている
800_7678


▼苔園
800_7699


800_7691


800_7698


▼茶室
800_7709


800_7713


800_7719


800_7722


▼紅葉を待つ園内
800_7738


800_7757


800_7759



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp