ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 内田川

こんなに素敵なところが・・・

DFD_5614


 写真群は、鹿本町(熊本県山鹿市)の水辺プラザ付近を散策して撮影したものだ。昨日、幼友達から「ヨーロッパのような風景」と褒められ、とても嬉しかった。その友は現在他県に住んでいるが、鹿本町付近をよく知る人物。

 筆者の祖先はこの鹿本町で生まれ育っているが、筆者はこの地を全く知らない。昔、実家であった付近を散策すると、理由は分からないが、とても落ち着く。特に、稲穂がたわわに稔る頃の風の香りが、何とも言えない。

 父や叔父二人とも法曹の道を歩み、父の自宅(実家)は熊本市内、叔父の自宅は福岡県内にある。幼い頃から転勤族の宿命として、県内外をあちこち転々と移動していたので、大都会の喧騒から逃れることなく現在に至っている。

 取材では、この鹿本町周辺の散策が一番多いように感じる。取材途中の食、駐車場、トイレの確保が容易であり、熊本市内中心部からも、ツーリング方々そう遠くもなく、美しい自然が広がっていることも要因であろうかと・・・。

 同プラザ横を流れる上内田川。それを北上して行くと、十数分で菊鹿町に到達する。この地もよく取材する地域でもあり、渓谷や棚田など、小さな自然が待っていてくれる。カエル、トンボ、蝶、野草などが眼前に飛び出してくる。

 今日は空一面に面白い形をした雲が浮かんでいたが、山際に程よく光が射し、遠景の不動岩もくっきりと見えていた。雲々は西方から北の方角が美しい。今更ながらに、こんなに素敵なところが残っているのかと、コロナ禍の時代に感謝となる。

 因みに、現在の山鹿市は、旧山鹿市、鹿本町、菊鹿町、鹿北町、鹿央町の5市町が合併したもの。旧山鹿市は商業の街として、鹿本町は政治と農業の街として栄え、特に、鹿本町は政治家や法律家を多く輩出している。(清浦圭吾 元内閣総理大臣、現在の熊本県知事、山鹿市長は鹿本町出身)

 実際に生まれ育ってはいないが、筆者にとっては、心安らぐ、自慢の里になっている。


DFD_5612


DFD_5617


DFD_5621


DFD_5627


DFD_5630


800_6600


800_6571



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/27 12:00 am

菊鹿町名産の栗・・・

▼菊鹿町の栗

D85_9292


 昨夜、栗の産地で知られる菊鹿町(熊本県山鹿市)出身の知人の料理上手な母親から、写真のように、たくさんの栗と栗饅頭を頂いた。

 今年お初の栗。ご覧の通り、この栗饅頭の中は、贅沢にも栗がぎっしり詰まっている。深夜のおやつにペロリと饅頭が2つ胃袋に入ってしまった。

 栗を大きめに砕いてあるので、食感がたまらない。栗の破片をコリコリ噛み砕いていると、じわっと栗の甘味が口の中に広がってくるのである。

 山鹿市内に「栗林」という町名があった。よって、山鹿市(旧山鹿市、菊鹿町、鹿本町、鹿北町、鹿央町が合併)は、昔から栗の産地だったのだろうと。

 最近、「利平栗」という高級ブランド栗が人気急上昇となり、山鹿市は西日本一の栗の産地として知名度を上げてきているようだ。

 この「利平栗」はとんでもなく旨いので、ご機会あれば、是非ご賞味頂ければと・・・。


▼栗饅頭
D85_9313



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp