ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人間関係

人材育成は、「被害者」の救済から!

▼「迷走」のイメージ写真
fire


<負のスパイラルからの脱出>

 人は誰しも、迷走する事がある。自覚のないままに、「迷走のお化け」に噛まれて、二進も三進も行かず、心が固まる。身体も固まる。そこで痩せ我慢するから、迷走に拍車が掛かる。弱音を吐かぬから、無理が来る。無理をするから、歯車が狂う。よって、迷走という負のスパイラルから脱出不能となっている。

 その時、可能な限り平常心を取り戻し、一歩、二歩引いて、周囲の人間関係をじっくりと検証することをお勧めしたい。そこで、己の迷走の原因となっているものが、俄かに見えてくるはずだ。因みに、迷走の原因が、仕事のプレッシャーではなく、人的プレッシャーであることが多い。

 ここで気づけば、しめたもの。延々と抜け出しきれなかった負のスパイラルから、即座に脱することが可能となる。昔、或る精神科医が患者に「今の自分が、何が原因で今に至っているか分かれば、心の病から脱します。」と言っていたことを思い出す。「何が原因で・・・」が問題となる訳だ。

<人材育成を指導する側の心得>

 元々、素行の悪い人間に正しいベクトルを示唆したとしても、時間の無駄、エネルギーの無駄となる。改心の可能性は、思いの外少ない。人材育成は、劣悪な仕事環境下に埋まっている「被害者」の捜索が最優先であり、その「被害者」こそが人材育成の対象としては最適となる。

 繊細で気弱な人たちは、大抵の場合、民度の低い荒々しい輩の餌食となっている。「被害者」として、静かに耐えていることが多い。組織の規模が大きくなればなるほど、埋まってしまう「被害者」の数は増えてくる。それを、早期に発見し、救出しなければならない。

 そして、救い出した「被害者」の心のケアを開始する。「安心安全な環境」を提供し、「信頼できる人間関係」を再構築させることが先決だが、「被害者」だった人間が育つ速度は、棚ぼた職位に有頂天となっている輩を鍛え上げるよりも、遥かに少ない時間で完了する。

 気弱だった人間が、一度自信を取り戻すと、見る見る間に、頼もしい「企業戦士」に育っていくのである。


▼「ホッとした時が戻った」のイメージ写真
DFD_7331



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/10/19 02:29 am

「いいね!」稼ぎの苦肉の策か!?

tea


※写真はイメージ

 とんでもないFacebookの呟きに遭遇すると、「この人は、何の目的でこのような写真をアップし、訳の分からぬ事を呟くのだろう!?」と、数秒立ち止まり固まってしまう事がある。

 昨日遭遇したのは、見るに堪えない下着の後ろ姿。本人の店の露骨な宣伝かも知れないが、20代の若い素人女性にショーツを試着させ、背後からヒップ部分のズーム写真を撮り、その試着姿をアップしていたのである。いくら試着だ、仕事だと言っても、そこじゃなかろうと閉口してしまった。

 露出度の高い女性の写真を掲載すれば、多くの男性が集まると思い込んでいるのか(確かに妙な輩は蔓延る)、それを素材に営業に結びつけようという魂胆なのか!?・・・実に稚拙で品が無い。一端の大人、経営者が行う業ではなさそうな気がするが、本人はSNSを適切に活用していると思い込み、履き違いしている事など全く気付いていない。いや、気にしない性格なのかも知れない。

 筆者が、仮に学生に戻ったとして、前述のような親が居たらどん引きどころの話ではない。恥ずかしいやら情けないやら、親として失格というレッテルを貼ってしまうに違いない。どんなに自分の親だとしても、軽蔑の眼差しで見下してしまうだろうと。

 ネチケットに反する情報は無数にある。特に個人が特定される環境下でも、このように馬鹿げた呟きをのうのうとやっている人物も沢山居る訳だ。「どうした、日本人?」、「何を血迷っている、日本人?」と言いたくなってしまう。

 このような状態が長期に亘り続くのであれば、国が衰退しどん底に落ち込むのは時間の問題。思考回路もショートしており、人格欠損の何ものでもない。Twitterが上陸した頃は、グーを握って選挙ポスターのようなプロフィール写真を掲載した似非コンサルタントが無数に出没した事を想い出すが、Facebookにおいて個人が特定されようとも、赤恥をかきっ放しに気付かぬ人物も沢山居るのである。

 何の力量も能力も無いのに、バーチャルな世界にのめり込み、バーチャルタレントを目指す阿呆者も、この熊本市という狭いエリアでもよく見掛ける。守秘義務を無視した法律関係者も、新興宗教のようなグループも、マルチ商法の集団も、出逢い系を中心とした不埒な輩も沢山居る訳だ。

 筆者としては、できる限り歯車の狂った方の呟きや情報を閲覧しないようにしている。勿論、読む価値もなく、見るだけで鳥肌が立つだけで、日本精神文化の低迷を再認識するだけの話である。・・・本当に、大人の居ない国になってしまったようだ。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link
【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/3 02:17 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp