ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 上内田川

上内田神社の彼岸花・・・

kamiuchida-j-001


 熊本県内あちこちで、彼岸花が咲き始めたという情報を得た。炎天下、木陰のある場所を求め、午後2時40分を過ぎていたが、熊本市を出て、山鹿市菊鹿町にある上内田神社の彼岸花を撮影することにした。

 熊本市中央区から約34キロほどのところ(国道3号線、県道37号線経由)に、上内田神社(山鹿市菊鹿町)がある。時間帯としては渋滞がなさそうなので、45分ほどで到着予定。食後間もないので、睡魔に襲われそうになるが、しっかりと目の玉を剥き出して、同神社へ向かった。

 あと5分ほどで到着予定となり、走行中の前方左右を見回すと、少々乾き気味だが彼岸花が点々と咲いている。撮影するには、炎天下では無理なので、同神社の木陰に咲くものが最適であろうと。予定より5分ほど早く到着。幸運にも、神社境内の木々の横に、美しく咲く数本の彼岸花の姿があった。

 午後5時頃には熊本市内に戻りたいので、20分ほどの取材時間にて、同神社を出発する必要がある。苔むした神社境内は、炎天下の撮影と比べれば、天国である。勿論、藪蚊やダニ対策の虫除けスプレーを足元、両手、首筋へ噴霧し、撮影を始めたのだった。目の前に小さな蛙がピョンピョン跳び回っている。

 すぐ横を流れているのは、上内田川。今日は水量が少なく、静かなものであった。向こう岸は、低い棚田に稲穂の緑が一際美しく、白雲と青空が稲穂の脇役としてしっかり仕事をしてくれている。ミニ・ヘリコプターのエンジン音が聞こえてきた。防虫のための噴霧作業なのか、稲穂の先スレスレを低空飛行して噴霧開始。

 何とも、長閑で目に優しい風景だろうと。日頃の都市部の景観とは別世界。少しでも自然に近づき、花を愛で、それらを撮影するとなると、寿命が数年長くなるように思えてならない。因みに、この地の米は上質で美味と人気だが、流石に、冷たく清らからな上内田川の水の恩恵なのだろうと。

 時計を見ると、午後4時15分を過ぎていた。車のエンジンを掛け、一目散に熊本市を目指す。到着したのは、ギリギリセーフの午後4時54分。僅か、往復2時間少々で、同神社の彼岸花を撮影できたのだから、今日は幸運であった。毎日多忙だと嘆くよりも、時にはミニツーリングも乙なものである。

 熊本県山鹿市菊鹿町に番所という、棚田と彼岸花で有名なところがある。今回の上内田神社から、5キロ少々先にある。可能であれば、番所の棚田パノラマ映像でも撮影できればと、後ろ髪を引かれる気持ちを押し殺し、戻ったのである。しかし、次回は真紅の彼岸花が咲き乱れていれば良いのだが・・・。


kamiuchida-j-002


kamiuchida-j-003


kamiuchida-j-004


kamiuchida-j-005


▼本日の取材前ランチ(とろとろ玉子の玉天丼/熊本ホテルキャッスル)
kamiuchida-j-006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/10 12:00 am

こんなに素敵なところが・・・

DFD_5614


 写真群は、鹿本町(熊本県山鹿市)の水辺プラザ付近を散策して撮影したものだ。昨日、幼友達から「ヨーロッパのような風景」と褒められ、とても嬉しかった。その友は現在他県に住んでいるが、鹿本町付近をよく知る人物。

 筆者の祖先はこの鹿本町で生まれ育っているが、筆者はこの地を全く知らない。昔、実家であった付近を散策すると、理由は分からないが、とても落ち着く。特に、稲穂がたわわに稔る頃の風の香りが、何とも言えない。

 父や叔父二人とも法曹の道を歩み、父の自宅(実家)は熊本市内、叔父の自宅は福岡県内にある。幼い頃から転勤族の宿命として、県内外をあちこち転々と移動していたので、大都会の喧騒から逃れることなく現在に至っている。

 取材では、この鹿本町周辺の散策が一番多いように感じる。取材途中の食、駐車場、トイレの確保が容易であり、熊本市内中心部からも、ツーリング方々そう遠くもなく、美しい自然が広がっていることも要因であろうかと・・・。

 同プラザ横を流れる上内田川。それを北上して行くと、十数分で菊鹿町に到達する。この地もよく取材する地域でもあり、渓谷や棚田など、小さな自然が待っていてくれる。カエル、トンボ、蝶、野草などが眼前に飛び出してくる。

 今日は空一面に面白い形をした雲が浮かんでいたが、山際に程よく光が射し、遠景の不動岩もくっきりと見えていた。雲々は西方から北の方角が美しい。今更ながらに、こんなに素敵なところが残っているのかと、コロナ禍の時代に感謝となる。

 因みに、現在の山鹿市は、旧山鹿市、鹿本町、菊鹿町、鹿北町、鹿央町の5市町が合併したもの。旧山鹿市は商業の街として、鹿本町は政治と農業の街として栄え、特に、鹿本町は政治家や法律家を多く輩出している。(清浦圭吾 元内閣総理大臣、現在の熊本県知事、山鹿市長は鹿本町出身)

 実際に生まれ育ってはいないが、筆者にとっては、心安らぐ、自慢の里になっている。


DFD_5612


DFD_5617


DFD_5621


DFD_5627


DFD_5630


800_6600


800_6571



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp