ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ポートレート

MONOCHROMEの世界・・・

▼熊本ホテルキャッスルのシェフ

D60_0742


 久々にモノクローム一色の撮影を試みた。昨日は、某ギャルソンとのカメラ談義というか、カメラ講義に時間を費やし、気づけば1時間ほど、カメラやレンズの機能説明などに傾注したのだった。

 写真は仕上がりを見るときは二次元(平面)であるが、実際は、三次元の世界、いや、四次元の世界が凝縮したものである。ムービーは音声と共に見れば、それで完結。しかし、写真というものは、絵画や書をじっくりと楽しむように、時間を掛けて、それも、一度にランダムに何パターンもの写真を鑑賞できる点が素晴らしい。

 特に、モノクロームの世界は、見る側に課題を与えることにもなり、見る側がいろんな切り口で見ることができるというもの。カラーフィルムを開発した人は実に偉いと思う。されど、カラーの世界(人間の目で見る世界)を、B&Wの世界に閉じ込めた人はまだ偉いと思う。

 我々は日々進化するカメラやレンズを眼の前に・・・昔々、レンズによって捉えた映像を壁や磨りガラスに投影したり、それを模写したり・・・記憶を記録するという欲望がカメラオブスクラを生み出し、その記録媒体が布、紙、フィルムから、SDメモリカードやCFメモリカードなどへと進化し、更に小さなものが絶え間なく開発されている。

 アナログな大宇宙を、デジタルな小宇宙に閉じ込めようということなのだろうが、いやはや、モノクロームの世界に勝る世界なしというほど、その撮影の奥の深さに、日々頭を痛めている次第である。


▼熊本ホテルキャッスルのシェフやギャルソン
D60_0742


D60_0666


D60_0804



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/3 08:54 am

撮影する時の気持ち・・・

CANON4


 例えば、料理の写真を撮影する時、「どうか、この料理群でお店が儲かりますように!」と、いつも念ずるのです。女性モデルの場合は、「どうか、より美人に、皆が騒ぎ出すほど露出するように!」と、いつも気合いを入れるのです。

 数年前に、或る五つ星ホテルの料理長取材を、8ヶ月間に11回、計88品を撮影し連載記事にしたのです。それから暫く経って、その料理長曰く「お陰様で、対前年比115%を達成しました。同ホテルの他レストランは伸びなかったのですが、凄く感謝しています!」と。

 そういう感謝の言葉を聴くと、「お、念じたことが通じるんだ!」と一人ニヤニヤする私がいるのです。まあ、なかなかカメラは止められませんね!

CANON2


CANON1


CANON3



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/28 06:54 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp