ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ポイ捨て

止まぬ喫煙者のマナー違反!!!

refrain-from-smoking


 愛煙家の気持ちは良く分かる。それが健康に悪いということも良く分かる。どうでも良い事であるが、何をするにも、ルールやモラルがあるはずだ。そのルールを破り、周囲に迷惑を掛けたり、モラルなき蛮行を繰り返すことは、逆立しても良いとは言えない。

 昨日も、とある喫煙所を覗いてみた。食後に立ち寄ったが、その施設を利用しない、外部からの訪問者がいた。首からIDをぶら下げているので、ちゃんとした組織の一員に違いない。休み時間を利用して喫煙するのは結構だが、他所の敷地で喫煙するものではない。

 先日の「他人の庭にゴミを捨てるのか!?」という記事で取り扱ったものだが、連日、モラルなき蛮行を繰り返している。常態化するのは勝手であろうけれども、勤務先の敷地内で喫煙するのが常識。何故に、わざわざ他の場所でゴミを捨てるのだろうか。

 如何にも、そこで喫煙する権利があるかのように、普通に、その喫煙箇所を占有している。それもチェーンスモークで、もくもくと煙が棚引いている。コロナを考えれば、エアゾルが可視化されたように、見ているだけで、身の毛がよだつような光景である。

 壁面に掛けられた掲示板には、その施設利用者以外は「refrain...」と書いてある。正確には「refrain from...ing」だが。確かに、利用者のみの喫煙箇所であることが明示してある。しかし、常態化した人間には、その掲示板の存在は、視界の外にある。

 このような喫煙者がいるから、嫌煙家からは白い目で見られ、犯罪者扱いされる訳だ。筆者も愛煙家の一人だが、先ずは、シチュエーションを考える。喫煙可能な場所であっても、他人が側にいると、距離を置くか、その人たちが立ち去るのを待ってタバコを燻らす。

 それが、喫煙家、愛煙家としての、最小限の気配りであると考える次第。取材中であれば、必ず、携帯灰皿を持ち歩く。先般記事で書いたように、その携帯灰皿の中身を、別の喫煙所の灰皿に捨てるような悪行に直面した。そんな輩に、喫煙の資格などあるはずがない。

 周囲に気遣いあって、はじめて喫煙が可能となることを、今一度、喫煙家は考えなければならない。喫煙も飲酒も自己責任において自由であるが、その責任は健康被害への自己責任ばかりではなく、周囲への責任も含まれているのである。畢竟、全ては民度の問題であるのだが・・・。


▼背の高さを超えるほどに元気な「ZENNIA」
ZENNIA-001


ZENNIA-002


ZENNIA-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/1 12:00 am

他人の庭にゴミを捨てるのか!?

▼記事と写真は関係ありません

choutohana-001


 すこぶるショッキングな光景が眼前に。或る会社の男性数人が、午後の休み時間なのかサボタージュなのか分からないが、某ホテル利用客専用として設置している喫煙所に屯している。ノーマスクで、長時間、駄弁りながらの喫煙タイムのようだ。

 この喫煙所は、あくまでもホテル利用客専用に特別に設置されており、外部の会社スタッフ専用ではない。ホテル利用を目的としていないのであれば、遠慮すべきが常識というもの。しかし、厚顔無恥なる数人の男性は、その場所をずっと占拠していた。

 喫煙所が外壁近くにあっても、3〜4人の男性のタバコの煙は棚引き、そして淀み、歩道へ徐々に流れてくる。その時、一人の男性がおもむろに携帯灰皿を取り出して、吸い殻のゴミをホテル設置の灰皿の中に投げ捨てて行ったのである。最悪だ!

 このような蛮行は、自分の家に出た生ゴミを、隣の家の芝生の上に投げ捨てるようなものである。何と身勝手で、だらしのない人間なのかと、愕然としてしまう。携帯灰皿を持っているのならば、この場所ではなく、喫煙フリーな所でタバコを楽しめば良い。

 現在のデルタ株なる新型コロナウイルスは、圧倒的に空気感染の可能性が高いと言われる。危機感のない、これらの男性たちの蛮行は許すことはできない。更に、タバコを吸いながら、話に夢中になっているので、灰皿もフロアも灰だらけとなっている。

 ホテル側は、多分に、清掃会社へ委託しているはずなので、掃除担当者が心ない輩のタバコの吸い殻や灰まで掃除をしなければならない。もし、それが常態化しているのでれば、年間、その輩が放り投げる何kgものゴミを掃除しなければならないのである。

 理不尽なる数人の蛮行。また、明日も繰り返されるのであろうか!?モラルなき組織の輩の存在は、そのトップの管理能力の無さが浮き彫りとなるだけの話である。実に情けない話だが、そのトップがこの実態を知り得たとしたら、どんな顔をするのだろうか・・・。

 畢竟、その会社が敷地内禁煙としているのであれば、即座に解除し、会社敷地内の片隅に小さな禁煙所をさっさと設置するのが得策と言える。また、上記の蛮行が何年も続いていたとすれば、役員全員ガンクビ揃えて、ホテル側へ深謝すべきが筋ではなかろうか。


yellow-flower-001


yellow-flower-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp