ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ブライダル

白梅とメジロ・・・

D60_1200


 昨年から今年にかけて、何度も足を運んでいる旧細川刑部邸。さずがに日曜日、観光客や写真家、そして婚礼の前撮りの方々を、あちこちで見掛けた。

 今回の目的は、同邸の梅の花々を撮影することにあった。しかし、紅梅は蕾がたくさん付いてはいるが、まだ、花びらを出す素振りさえなさそうだ。持ち込んだレンズは、24mm-105mm f4.0のズームレンズ。少々、手抜きレンズだと思いつつ、撮影して行った。

 15分ほど経っただろうか、咲いたばかりの白梅の花々の蜜を舐めに、メジロ数羽がやってきた。やはり、本格的な望遠レンズを持ってくるべきだった。準備不足の手抜き取材を反省しつつ、取材終了間際に、やっとメジロの姿を捉えたのだった・・・。

 話は変わるけれども、先般、藤崎八旛宮へ行った時も、婚礼の前撮りスタッフがたくさん境内中央に屯していた。今回も、同邸の入り口近くに関係者が陣取っていた。要らぬ世話だが、このような場合に、各施設に対して使用願いを提出しているのだろうか!?

 もし、使用許諾願いの提出が必要ないとしても、県内外から足を運び入れる観光客の方々のことをしっかりと考えて、撮影に臨んでいるのだろうかと、少々、首を傾げてしまった。

 勿論、おめでたいことである訳で、黙認しても構わないが・・・だからと言って、各施設や庭園などを、自分の庭の如く使うのは如何なものかと思った次第。おめでたいのであれば、微笑ましい「慶びの共有」が必要となる。

 よって、周囲に気配りを行い、おめでたいことへの理解と、それを引き出すための会釈や挨拶は必須である。プロデュースする人物やカメラマンの資質に関わることなので、可能な限り、不協和音が生じないよう、それなりのプロとしてのエチケットを見せて欲しいものである。


mejiro


▼撮影風景
chikao2



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/1 01:28 am

松島観光ホテル岬亭公式サイトがリニューアル!

▼松島観光ホテル岬亭の橋本久美子女将(代表取締役)
DSC_8425


misaki1


 松島観光ホテル岬亭がネット事業に着手したのが、1997年の11月。インターネット黎明期からの参入となり、熊本県内のホテル業界では大のベテラン。既に、18年が経過したことになる。

▼松島観光ホテル岬亭公式サイト(スマホ対応)
 http://www.misakitei.co.jp/Link
 ※ロゼッタストーン(弊社主宰)会員では、最古参。

 今回、大リニューアルを推し進めていた(リニューアル中のところもある)弊社スタッフだが、リニューアルに着手し、数ヶ月が過ぎてしまった。リニューアルが長期化している理由としては、半端ない情報量にある。ちなみに、弊社WEBサーバーに同ホテル十数年分の大容量のデータが格納されていることになる。(多種多様な情報であるが故に、検索エンジンでも色んなキーワードからも抽出される)

 例えば、随分昔の情報だが、「女将の知恵袋」や「一品料理レシピ集」なども搭載されている。当時、マスコミからの取材が殺到し、かなり話題となり、わざわざ東京から同ホテルを訪ねてきたテレビ局が何局もあった。

 熊本県を代表する海のリゾートホテル 松島観光ホテル岬亭。・・・最近は海外からの観光客も増加傾向にあると言う。英会話基礎コースもしっかりと学び、外国人観光客に対応している女将の姿が目に浮かぶ・・・。

 また、いつも元気なご挨拶をしていただく松島観光ホテル岬亭のスタッフたち。最近、お会いしていないので、近々、是々非々、取材の為に足を運びたいと考える次第。

misaki3


<天草の新鮮魚介類>
 同ホテルの料理のメインは、何と言っても、天草近海で漁れる新鮮な魚介類である。鯛、鯵、伊勢海老、車海老、アワビ、ウニ・・・と、枚挙に遑がない。写真下のように、お造りもダイナミックであり、その甘みのある新鮮な刺身などは、筆舌に尽くしがたい。

▼小生がちょろんと立ち寄った時にご馳走になった料理群
DSC_2037


▼ヒラメと伊勢海老のダブルお造り(特別料理)
DSC_2057


▼伊勢海老のお造り
DSC_2628


▼珍味高級魚 ウツボのお造り(特別料理)
DSC_2609


<鉄板焼レストラン>
 熊本県内には、本格的な鉄板焼レストランは十数軒。中でも、同ホテルの鉄板焼レストラン「杏布炉舎(アンブロシア)」の施設のレベルは高い。
DSC_2959


DSC_2994


DSC_2982


DSC_8529



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/1 02:38 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp